All about Photonics

Business/Market 詳細

中国で3Dプリンティング技術が急速に普及

October, 7, 2014, Boston--ラクスリサーチ(Lux Research)の調査によると、中国では3Dプリンティングが急速に普及しており、プリンタの販売は2018年には現在の4倍、37,800台、売上は3倍以上になり、1億900万ドルに達する。
 この販売は、まだ絶対値では小さいが、3Dプリンティング普及の急ペースは、中国がこの新しい製造法でリーダーになろうと狙っていることを示唆している。正に、教育分野は、政府の政策の支援を受けて、近々最大市場になると見られており、年率39%で成長すると予測されている。
 「3Dプリンティングは、西欧経済が中国の製造優位と競う方法とされてきたが、アジアの巨人である中国は急速に歩みを進めて、従来の強みを3Dプリンティングにも拡大しようとしている」とラクスリサーチのディレクタ、「中国の成長を続ける3Dプリンティングエコシステム」の著者、Richard Jun Li氏は分析している。
 ラクスリサーチのアナリストは、中国の3Dプリンティングエコシステムをスキャナ、プリンティング材料、プリンタ、プリンティングサービスで構成されるものとして評価している。調査結果としては、「自動車が主要産業アプリケーションになる」「ハイエンド材料プロバイダにチャンスがある」「輸出が市場の原動力となる」などとしている。
 自動車産業は、3Dプリンティングのアーリーアダプタであり、世界的にプロトタイピングに3Dプリンティングを採用していた。これは中国も例外ではない。中国の自動車向け3Dプリンティング分野は年率31%で成長する。
 ただ、中国の3Dプリンティングエコシステムは、高品質の材料供給では明らかなギャップがある。国内の企業は、高品質の感光性樹脂材料、高品質の金属、セラミックおよびポリマ粉末材料を供給できない。
 中国の3Dプリンタメーカーは、製品の約60%を海外市場に出荷して、先進的な世界ブランドと競っている。2013年に中国で製造された21,550のプリンタのうち、12,810台が輸出された。