All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートグラス向け光コンポーネントとセンサは2019年に32億ドル

October, 3, 2014, Glen Allen--ナノマーケッツによると、Google Glassのようなスマートグラスがこの先10年でスマートフォンに取って代わり、モバイルコンピューティングや通信プラットフォームになると、センサ、ライトガイド、マイクロディスプレイやマイクロミラーなどのメーカーにとっては32億ドルを生み出す新しいビジネスになる。
 ナノマーケッツは、「スマートグラス:コンポーネントと技術市場-2014」レポートを発表した。
 それによると、スマートグラス用の光サブシステム市場は2019年に19億ドルに達する。現在、特にライトガイドをより薄くし、コンポーネントを小型にして通常のメガネに近づけようとするトレンドがある。
 スマートグラスが登場すると、モバイルディスプレイ技術に革命が起こる。ほぼ全ての今日のモバイルディスプレイはLCD、OLEDであるが、スマートグラス用のディスプレイはLCoSベースかTIのDLP技術になりそうだ。この市場が立ち上がると、平均的なモバイルディスプレイは、LCDではなく、ますますLCoSになりそうだ。
 ウエアラブルコンピュータコンセプトの本質は、スマートグラスを含め、ウエアラブルが身につけている身体と一体になることである。スマートグラスは、より自然なヒューマンコンピュータインタフェース(HCI)への過渡期になり、タッチ&ボイスコントロールからジェスチャコントロール、究極的にはBCIsに移行することを示唆している。現状ではスマートグラスのアイトラッキングやBCIからの売上は取るに足りないが、これらは2019年には6億8000万ドル超に達すると予測されている。アイトラッキング技術は、すでにGoogle Glass用にグーグルが開発を進めている。