All about Photonics

Business/Market 詳細

UVコーティング市場、2019年に75億ドル

October, 3, 2014, Dallas--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)が発表した「UVコーティング市場」レポートによると、市場は2014年に45億9460万ドルとなる見込だが、今後CAGR 10.6%で成長して2019年には75億9040万ドルに達する。2013年の市場規模は、42億2540万ドルだった。
 APACが最も有望なコーティング市場であり、今後も変わらないと見られている。APACは最大のUVコーティング市場で、2013年には総需要のほぼ半分を消費した。この地域におけるUVコーティング需要は、2014-2019年の間にCAGR 9.9%で成長する見込。この地域では中国と日本が最大のUVコーティング消費国であり、2013年では韓国がこれに続いた。UVコーティングの中国市場は最速成長市場でもあり、これは国内でコーティング需要をさらに拡大する、製造業が増えていることが主因。また、エレクトロニクスや産業用コーティングエンドユースセグメントがハイパフォーマンスコーティング需要の原動力となっている。そのため、この地域のUVコーティングに対する要求が拡大している。