All about Photonics

Business/Market 詳細

医療用ファイバオプティクス市場規模、2030年に73億ドル

November, 21, 2022, San Francisco--Grand View Researchのレポートによると、世界の医療用ファイバオプティクス市場規模は、2023-2030年にCAGR 6.1%成長で2030年に73億ドルに達する見込である。
 これは侵襲性の少ない手術、技術的に進んだ製品、世界的なガン有病率の上昇によるものである。

内視鏡手術のためにレーザ技術の採用増が、市場の成長の原動力と予想されている。例えば、BMJ Journalsによると、2020年、150万を超える内視鏡処置が行われた。加えて、病院や研究施設で患者の予後改善のために、内視鏡手術のためのレーザ誘導レーザシステムの採用が、さらなる市場の成長を促進した。2020年、ロシアのN.N. Petrov国立腫瘍学研究センタ( National Medical Research Center of Oncology)は、KLS Martin手術レーザシステムを買収した。同システムは、ユーザ固有のプログラムを使って、皮膚の解剖学的構造により切除サイズと深さを調整する。止血と組織のアプレーションをコントロールする。

加えて、一般的な手術の代替として侵襲性の少ない手術の採用増が、市場の成長を後押しすると予想されている。その処置の高採用率は、一般的な手術と比べて、向上した安全性、小サイズの切開、入院短縮、迅速な回復によるものである。さらに、より高精度で出血が少なく、強化された組織吸収、より速い治癒による眼の手術の補正のためのレーザ技術の高い採用率が、市場の成長に貢献すると予想されている。

ガンの早期発見要求の増加が、市場の成長に貢献するとみられている。ほとんどのガンタイプは、症状がないので、初期には診断が難しい。医者は、危険性の高い患者ではガンの早期診断のために内視鏡手術を行う。内視鏡手術は、尿路、食道、腹部の嚢胞可視化に役立つ。これらは裸眼では特定が難しいからである。これが、内視鏡採用促進に貢献する。したがって、予測期間に市場の成長に寄与する。

医療ファイバオプティクスレポートのハイライト
・2022年、マルチモードファイバ(MMF)セグメントが44.3%の最大シェア、予測期間にはCAGR 6.3%で成長する見込である。この成長は、光源や手術用照明など、幅広いアプリケーションによるものである。
・2022年、ファイバオプティクスケーブルセグメントが、42.2%の最大シェアだった。予測期間にはCAGR 6.4%で成長する見込である。ケーブルは、照明に使われ、特に腹腔鏡、婦人科、耳鼻咽喉科(ENT)にアプリケーションがある。
・2022年、照明セグメントは、29.8%のシェア、予測期間にはCAGR 5.6%で成長すると予想されている。光線療法における高出力光の高い採用率などの要因が、同セグメントの成長に貢献する。
・2022年、APACが31.0%シェア、予測期間にはCAGR 7.2%で拡大すると予想されている。この拡大は、ヘルスケアインフラストラクチャの促進、ファイバの採用改善につながる有利な政府の政策によるものである。