All about Photonics

Business/Market 詳細

加齢黄斑変性(AMD)市場、2027年に140億ドル

November, 18, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「加齢黄斑変性市場、薬剤タイプ(Eylea, Lucentis, Beovu)、ステージ(中期、初期、後期)、投与経路(硝子体内、静脈内)、流通経路(病院、専門薬局)、2027年までのグローバル予測」によると、市場は、2022年の~900万ドルから、予測期間にCAGR 9%成長で2027年に~140億ドルに達する見込である。
 強力な製品パイプラインの要因、AMD有病率の増加、網膜疾患の負担増、老齢人口の急増、R&D投資の増加、AMD治療要求の増加、AMD治療向けの新製品の発売が、AMD市場の成長をサポートすると予想されている。

2021年、錠剤セグメントが、アプリケーションではAMDの最大シェア
薬剤タイプでは、AMD市場は、Lucentis, Eylea, Avastin, Beovuおよびその他に分けられている。2021年、EyleaセグメントがAMD市場で最大シェア。このセグメントの最大シェアは、市場浸透率の高さ、特許保護、他の薬剤の副作用に帰せられる。。

2021年、北米がAMD市場で最大シェア
地域では、AMD市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、ラテンアメリカ、MEAに分けられている。北米は、2021年、AMD市場で最大シェアだった。北米市場の成長は、主に黄斑浮腫症例、その治療要求の増加、老年人口の増加、この地域に主要市場プレイヤが存在することによる。