All about Photonics

Business/Market 詳細

ドローン分析市場、2027年に65億ドル

September, 30, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ドローン分析市場、産業(農業、工学&インフラストラクチャ、保険、エネルギー&電力、防衛&セキュリティ、通信、公共の安全、輸送&流通)、アプリケーション、タイプ、ソリューション、地域、2027年までのグローバル予測」によると、ドローン分析市場は、2022年の21億ドルから、CAGR 25.5%成長で2027年に65億ドルに達する見込である。
 この成長は、農業ドローンの需要増、防衛ドローン利用の増加、ドローンを使った熱検出のような新しいアプリケーション領域などによるものである。ドローンメーカーは、ドローン分析の需要増に対処するために事業拡大にフォーカスしている。

点群で作られたドローンデータ
点群は、数100万の凝縮水滴で作られた自然の雲のようである。点群は、数100万の地理空間的接続点を含み、3D仮想質量を生成する。ドローン測量中に作られた画像から目立つ特徴が検出される。これらは、複数の画像から観察できる。カメラセンサの位置を利用して、個々の明確な特徴の位置を三角測量で計算できる。ドローン画像からの明確な点に座標を設定するために点は、既知の位置において2つの画像で採る必要がある。

AI調査
公共事業会社は、電柱、導体(ウインドパワーや通信タワー)、変電所などを含む膨大なインフラ資産を管理している。これらの資産の完全なスナツプショットを撮るには、電力線検査のために様々な異なるセンサの利用が必要。これらのセンサは、LiDAR、色(RGB)、ハイパースペクトル、熱画像で構成されている。これによりドローンマッピングソフトウエアは、近くの植生、インフラ資産、潜在的な火災のリスクを示唆するホットスポットなど、あらゆるものを把握することができる。それは、確保、カタログ搭載、処理するには膨大なデータである。そのデータ内には、たった1つの画像でも、ピンポイント、分類するための多くの特殊要素がある、言うまでもなく正確にそうする。全てのそれらセンサで数十億のデータ点を並べ替えることは、手動でするには不可能な、時間を浪費するタスクである。

タイプでは、予測期間にSaaSセグメントがリード
タイプでは、ソフトウエア・アズ・ア・サービス(SaaS)セグメントが、2022年、ドローン分析市場の最大シェア78%と推定されている。このセグメントは、2022年に23億ドル、2027年には84億ドルに成長すると予想されている。

北米地域が、ドローン分析市場で最大市場シェア
2022年、北米がドローン分析市場をリード。地域市場では、米国が最大シェア。USの分析市場は、継続して成長している。ドローンと自律地上車輌で進行中の技術開発によるものである。北米は常に自由貿易の中心であった。北米は、様々な産業とビジネスの成長をサポートしている。