All about Photonics

Business/Market 詳細

Coherent、DARPA Space-BACNプログラム向け光トランシーバ開発契約

September, 28, 2022, Pittsburgh--Coherent Corp.は、Space-Based Adaptive Communications Node (Space-BACN)プログラム向けにコヒレント光トランシーバを開発する契約をDARPAと締結した。
 Space-BACNの目的は、ローコスト、高速、レーザベースデータリンクの構築。これは、様々な政府および民間の低地球軌道(LEO)サテライトコンステレーション間の通信を可能にする。

様々な互換性のない、多くは独自の光サテライト間リング(OISLs)は、LEOサテライトアレイの即時の情報共有を阻害しており、激増した宇宙が潜在力を最大限に発揮できなくしている。コヒレントは、コヒレント光トランシーバの設計と製造を具体的任務としている。製品は、ほとんどの既存単一波長通信プロトコルに適合する再構成可能モデムであり、導入されると直ちに新しい波形と協働できる。目標は、単一波長で100Gbpsまでの総データレートで多数の光波形をサポートすること。同時に厳しいサイズ、重量、電力およびコスト(SWaP-C)制約に合致すること。

「デジタル技術の進歩か、打ち上げコスト低下と相俟って、多くのグループが多機能でコンパクトな衛星のコンステレーション打ち上げを可能にした。これは、高速レーザ通信により可能になった。単なる防衛アプリケーション以外で、これらのサテライトアレイは、低コストグローバル通信、センシング、イメージング、宇宙探査などに途方もない可能性を提供する」とCTO、Dr. Chris Koeppenは、コメントしている。

今回のコヒレントにとっての契約は、Space-BACN開発プログラムのTechnical Area 2 (TA2)のフェーズ1である。TA2は、モデムアーキテクチャに焦点を当ている。コヒレントはすでにTA2のフェーズ0に参加しており、これはこれらのコンポーネントの構築設計開発に関わるものであり、その成功に基づいてフェーズ1に選定された。
(詳細は、https://ii-vi.com/)