All about Photonics

Business/Market 詳細

軍用ドローン市場、2027年に170億ドル

September, 28, 2022, Northbroo--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「軍用ドローン市場、プラットフォーム、タイプ(固定翼、ロータリー翼、ハイブリッド)。アプリケーション、最大離陸重量(Mtow)、推進力(ターボエンジン、ピストンエンジンおよびバッテリ)、オペレーションモード、スピード、起動モード、地域、2027年までのグローバル予測」によると、市場は、2022年の120億ドルから、2022-2027年にCAGR 7.3%成長で、2027年に170億ドルに達する見込である。
 世界市場の成長は、防衛力強化のために最新軍用ソリューションの開発と調達への投資急増が原因。さらに、中央アジア、南米、東アフリカ、インド亜大陸は、海上哨戒、海賊対策作戦につながっている。これが、今度は、ホットスポット特定のための海上パトロール実施にUAVs利用増につながった。UAVsは、疑わしい船の認識、観察を行い商業上重要なルートを保護する。不可欠のリアルタイム情報を効果的な方法で関連機関に提供する。

推進力では、バッテリセグメントが予測期間に最高成長率
推進力では、軍用ドローン市場は、エンジン、ピストンエンジン、バッテリに分類されている。バッテリセグメントは、リチウムイオンハッテリ、燃料電池、ハイブリッド電池で動作する軍用ドローンを含む。バッテリセグメントは、予測期間に最高成長率が見込まれている。小型ドローン以外、短距離、中距離ドローンでバッテリ採用が多いからである。バッテリ、あるいは電力軍用ドローンは、エネルギー蓄積や電気モータの動力にバッテリを使用する。これらのドローンは、ターボエンジンドローンに比べて操作が容易、ノイズが少ない。しかし、軍用ドローンで使われるリチウムイオンバッテリは充電が枯渇すると再充電が必要になる。再充電プロセスは時間がかかる。対照的に、燃料動力軍用ドローンは、素早く燃料補給ができる。水素駆動軍用ドローンは、電気推進力の利点があり、これにより長距離飛行が可能になる。

スピードでは、亜音速セグメントが基準年に大きなシェア
スピードでは、軍用ドローン市場は、サブソニック(亜音速)とスーパーソニック(超音速)に分けられている。サブソニックセグメントは、さらに<100 Km/hr, 100–300 Km/hr, および >300 Km/hrに分けられている。サブソニックセグメントは、市場の過半のシェアに貢献している。現在、ほとんどの軍用ドローンが従来のサブソニックスピードで動作するからである。<100 Km/hrのドローンは一般に、小型ISRドローン、一部の近距離ドローンを含む。伸び続ける小型ドローンプラットフォーム需要が<100 Km/hrセグメントの成長を押し上げている。さらに、100–300 Km/hrのサブソニックドローン、一般に中距離、短距離から中距離、短距離、戦術ドローン。ISRアプリケーション向け戦術ドローンの利用増が、100–300 Km/hrセグメントの成長を後押ししている。さらに、300 Km/hrを超えるサブソニックセグメントは、サブソニックドローンは、高耐久性、中から長距離、高速ドローン。凶器ドローンや標的ドローンなど武装ドローンが、300 Km/hrセグメントの成長を牽引している。 APAC地域が、予測期間に高成長市場 APACは、技術とイノベーションの世界的リーダーとして知られている。過去3年の成長率では、最速成長企業がAPACには存在する。中国、マレーシア、韓国、インドは、軍用ドローンプロジェクトに巨額投資している。インドは、北米やヨーロッパから、大量の軍事ソリューションを輸入している。さらに中国は技術的に進んだ国であり、最大の技術製造産業の1つである。中国のスピードと効率は世界的に知られており、これはドローンメーカーでは大きな焦点となっている。中国には軍用ドローン発射に取り組んでいる様々な研究チームが存在する。新技術が、新製品や新プロセスを作る。品質改善の他に、技術的進歩はコスト低下にも貢献する。技術進歩と防衛作戦を改善するための技術の採用増が軍用ドローン市場の成長につながる。