All about Photonics

Business/Market 詳細

ハイパースケール・エッジコンピューティング市場、2030年に250億ドル

September, 27, 2022, Delaware--Global Market Insightsのレポートによると、ハイパースケールエッジコンピューティング市場規模は、2030年までに250億ドルを超える見込である。

SMEsエンタプライズからのクラウドコンピューティングソリューション要求が、産業の拡大を増幅している。SMEsによるハイパースケールエッジコンピューティングネットワーク採用急増が、産業全体で広範なデジタル化、政府の支援戦略導入の功績である。Eurostatのデータ統計にしたがうと、36%程度の欧州企業が、2020年にクラウドコンピューティングサービスを採用した。SMEsも拡張性があり、コスト効果が優れたネットワーキングソリューションに依存しており、これによって事業の発展が促進されている。

複雑なネットワーキング要件が産業共有の妨げになる
ハイパースケールエッジコンピューティング市場の重要な制限要因の1つは、マシン-サーバ接続に対処するための複雑なネットワーキングの必要性である。ハイパースケールエッジインフラストラクチャは、サーバ、ルータ、様々な他のコンポーネントを利用しており、ユーザベースの問題対処にかかる時間が増加している。さらに可視性の欠如は、ハイパースケールエッジコンピューティングデバイス需要の障害ともなる。

エッジベース技術の急発展
世界市場におけるサービスセグメントは、2030年までにCAGR 30%程度となる見込である。ハイパースケールインフラストラクチャで走るエッジベース技術の開発が増大している。この要素が、エッジコンピューティングサービス要求を刺激している。これは、エンドユーザエクスペリアンス改善のためのエッジソリューション導入とメンテナンスにガイドラインを提供している。

大企業でハイパースケールエッジコンピューティングデバイスの利用増
大企業セグメントは、2030年までにハイパースケールエッジコンピューティング市場シェアが75%を超える見込である。これは、エンタプライズの間でハイパースケールエッジコンピューティング機器導入が増加しているためである。特にコロナパンデミック中に増えた。デジタル経済展望では、大企業のインターネット利用は、通話やデータストレージで、2020年に40%増となった。

高品質コンテンツ配信需要の増加
高品質コンテンツ配信ニーズエスカレートに関して、高速ストリーミング、スケーラブルなエッジコンテンツ配信ネットワークが、エンタテーメントやゲーム産業で人気が高まっている。レポートによると、コンテンツ配信セグメントは、2022-2030年の間に30%を超える成長率。これは、ハイパースケールエッジデバイスが提供するバックホール減少、低遅延など無数の利点によるものである。

公共事業酢部門でリアルタイムサービス追跡の採用増加
公共事業酢部門は、2022-2030年に約15%増が見込まれている。リアルタイムデータ追跡、この産業のモニタリングの高い必要性のためである。危険なガスパイプ、湿度、水位、温度のデータ分析とモニタリングもエッジコンピューティングプラットフォームの重要側面である。

北米が収益の上がる市場
北米ハイパースケールコンピューティング市場は、2021年に10億ドルを超える収益を記録した。同地域におけるMicrosoft、IBMを含む主要プレイヤ、その他のハイパースケールエッジコンピューティングサービスプロバイダの強固な存在感が、産業統計を刺激する。IoTデバイスやインテリジェントアプリの数も同地域で急増しており、したがって全般的な市場展望を加速している。
(詳細は、https://www.gminsights.com/)