All about Photonics

Business/Market 詳細

レーザダイオード市場、2027年に109億ドル

September, 27, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「レーザダイオード市場、波長(赤外、グリーン、ブルー、紫外)、ドーピング材料、技術(分布帰還、量子カスケード、VCSEL)、アプリケーション(産業、医療、コンシューマエレクトロニクス、通信)、地域、2027年までのグローバル予測」によると、市場規模は、2022年の59億ドルから、予測期間にCAGR 13.1%成長で、2027年に109億ドルに達する見込である。レーザダイオード市場成長の主要な原動力に含まれるのは、レーザ技術高需要につながる軍&防衛への投資増、ファイバレーザ市場の拡大。

レーザダイオード市場は、主要Tier1サプライヤ、II-VI Incorporated (US), Lumentum Holding Inc. (US), ams-OSRAM AG (オーストリア), ROHM Co., Ltd. (日本), Ushio, Inc. (US), およびHamamatsu Photonics K.K. (日本)によって支配されている。これらのサプライヤは、APAC、ヨーロッパ、北米、南米、RoWの様々な国々に製造工場を広げている。

予測期間にGaNが最速成長ドーピング材料セグメント
GaNセグメントは、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。LiDARアプリケーションでGaNベースレーザダイオードの利用が、エコシステムで活動しているプレイヤには、長期的に成長機会を作ると予想されている。スマートフォン以外のコンシューマエレクトロニクス、AR/VRデバイスなどが、3DセンシングアプリケーションでGaNベースレーザダイオード需要をさらに押し上げると見られている。

VCSELセグメントが予測期間に最速成長技術となる
VCSELダイオードは、表面発光レーザの一形態であり、ウエファに垂直方向にレーザ放射を放出する。高いビーム品質で数mWの出力。このタイプのレーザダイオードでは、光キャビティは、電流軸に沿っている。VCSELsは、高効率で経済的であり、データ通信、3Dセンシングなど様々なアプリケーションで利用される。スマートフォンで3Dセンシングアプリケーション増加が、VCSEL市場の成長を牽引する主原動力と見なされている。

レーザダイオード市場の通信アプリケーションは、予測期間に2番目に大きなセグメントになる
通信は、新興のレーザダイオード技術促進の1つであった。テレコムオペレーションは、新システムの導入、あるいは在庫目的で既存位置情報の収集を必要とする。信号強度最適化、適切なタワー設置要求を含め精密ネットワーク設計が、広範なレーザダイオードに求められるアプリケーションに含まれる。今後、レーザダイオードは、宇宙アプリケーション、特に衛星間の大容量データ送信で重要性が増すと予想されている。帯域需要増と100Gトランシーバへの移行で、光通信におけるレーザおよびレーザダイオード需要も成長する。

北米が予測期間に2番目に高成長の見込
北米のレーザダイオード会社は、エピタキシャル構造の改善で競っている。新しい波長とパッケージの開発、既存波長でより高出力のレーザダイオードの製造が目的。ハイパワーレーザのコスト低下は、北米市場でレーザダイオード需要高騰の主因の1つ。加えて、USにおける先進的医療施設が、レーザダイオードを利用して製造される様々な医療機器を利用している。手術におけるレーザダイオードの利用は、着実に増加している。さらに、傑出した通信、航空宇宙&防衛、自動車会社、AT&T、Verizonワイヤレス、Boeing、ジェネラルモーターズの存在も、北米におけるレーザダイオード市場成長の原動力となっている。