All about Photonics

Business/Market 詳細

ターゲットドローン市場、2027年に64億ドル

August, 4, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ターゲットドローン市場、最終利用分野(防衛、商用)、エンドユース(空中標的、地上標的、海洋標的)、アプリケーション、動作モード、最大積載量、構築、ターゲットタイプ、エンジンタイプ、スピード、タイプおよび地域、2027年までのグローバル予測」によると、ターゲットドローン市場は、2022年の45億ドルから、2022-2027年にCAGR 7.4%成長で、2027年に64億ドルに達する見込である。コンパクトな設計とリカバリーシステムに関するターゲットドローンの登場が、ターゲットドローン市場の需要を後押しする主因の1つ。

最大積載量では、中(20~40kg)セグメントが、予測期間に市場をリード
最大積載量では、ターゲットドローン市場は、高(>40 kg), 中 (20 kg~40 kg), 低 (<20 kg)に分けられている。これらのターゲットドローンの増え続けるアプリケーションにより、ドローンは、敵味方識別、受動&能動レーダ強化、赤外増強、電子ペイロードなどのペイロードを搭載している。標的&デコイ、偵察、戦闘訓練などのアプリケーションにおけるターゲットドローンの利用は、運用でそれらがより効果的になるように付加的コンポーネントを必要とする。これらのターゲットドローンは、受動&能動レーダ強化、電子ペイロード、GPSナビゲーション、複数タイプのカメラを装備している。軍事訓練をより現実的にするための取組強化で、これらのペイロードは、上記アプリケーションでドローンの機能実行支援に使われる。 運用モードでは、遠隔操縦セグメントが、予測期間に最高シェア 運用モードでは、ターゲットドローン市場は、遠隔操縦あるいは予めプログラムされた機能により自律的に運用される。一部のターゲットドローンは、リモートと自律オペレーションの両方のオプションで設計されいる。これらは、随意パイロットドローンとして知られている。現在開発されつつあるほとんどのターゲットドローンは、リモートパイロットである。これらのドローンは、制御性がよく、自律ドローンに広く認められるプログラム障害のリスクを緩和する。 ジェットエンジンセグメントが、予測期間に最高シェア エンジンタイプでは、ターゲットドローン市場は、内燃機関(IC)、ジェット、その他(電気モーター、マイクロタービンエンジン、自由飛行)に分けられている。エンジンタイプベースでは、ジェットエンジンセグメントが、2022年の市場をリードした。このセグメントは、2022年に34億9400万ドル、2027年には50億9000万ドルに達する見込である、2020-2027年のCAGRは最高の7.8%の見込。このセグメントは、市場をリードすると予測さている。ほとんどのターゲットドローンが、ジェットエンジンを動力にしているからである。これは、ICエンジンに比べるとパワートゥウエイトレシオが高い。 予測期間に北米が最高シェア 北米空中ターゲット市場は、予測期間に最高の7.8%成長が見込まれている。US海軍は、海軍艦隊に組込可能なUAVsの開発に焦点を当てている。2018年8月、Boeingは、MQ-25、空中給油タンカー開発と構築で8億500万ドルの契約を受注した。軍事部門と共に商用分野も予測期間にターゲットドローン市場で成長機会があると見られている。Federal Aviation Administration (FAA)によると、米国の商用ドローンフリートは、2016年の42000から、2021年には442000ドローンに増加する見込である。 ターゲットドローン市場の主要プレイヤーはQinetiQ Group plc (UK), Kratos Defense & Security Solutions, Inc. (US), Airbus Group (Netherlands), Northrop Grumman Corporation (US), and Boeing Company (US)。