All about Photonics

Business/Market 詳細

軍用ドローン市場、2031年に343億4000万ドル

August, 3, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「軍用ドローン市場」によると、市場は2021年に116億ドル、2022-2031年にCAGR 11.7%成長で2031年に343億4000万ドルに達する見込である。

2021年、北米がグローバル軍用ドローン市場で優勢となる見込。北米は、ドローン採用率が高く技術的に進んでいる。同地域は、監視と防衛向け軍用アプリケーションで先進的ドローン技術の利用が激増した。米軍が作る多くの先進的ドローンは、その精度と信頼度のために世界的に需要がある。米国やカナダなどの国々で国境や海洋モニタリング向けの軍用ドローンの利用増が北米の軍用ドローン市場の成長を後押ししている。

2021年、諜報、監視、偵察、目標捕捉セグメントが大きなシェアを占めた。軍用ドローンは、目標の位置、地形、敵の動きについてリアルタイム情報を地上の指揮官に提供する。高高度航空機と比べてドローンは、写真やビデオの品質に妥協することなくクローズアップできる。世界中のドローンメーカーは、ISTARアプリケーションに利用できるドローンの開発で複数の政府から多数の契約を得ている。例えば、2022年6月、AeroVironment Inc.,はU.S. Marine Corpsから620万ドルの契約を獲得し、Puma 3 AE小型無人航空機システム(SUAS)を開発する。同社は、インテリジェント、マルチドメインロボットシステムの世界的リーダー。Puma 3 AE (All Environment)は、無人航空機システムで、即時の戦術的諜報、監視、目標捕捉を昼夜、地上ベース運用で提供する。

軍用ドローン市場は、軍事支出の急増、改善された監視ソリューション需要の成長により、伸びている。しかし、UAVソリューションの高コストが、市場の成長を阻害する要因。さらに、防衛の現代化は、軍用ドローン市場を補完すると期待される主因である。

調査の要点
・タイプでは、回転翼セグメントが、近い将来、大きく成長する見込である。
・距離では、拡大見通し線セグメントが、近い将来に大きく伸びる見込み。
・技術では、自律セグメントが近い将来に大きく伸びると予測されている。
・アプリケーションでは、デリバリ&輸送セグメントが、近い将来、大きく伸びる見込み。
・地域では、APACが、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。