All about Photonics

Business/Market 詳細

ファイバオプティクス市場規模、2027年に826億ドル

July, 25, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ファイバオプティクス、ファイバタイプ(ガラス、プラスチック)、ケーブルタイプ(SMF、MMF)、導入(地下、水中、中空)、アプリケーション、地域(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)、2027年までのグローバル予測」によると、市場は2022年に49億ドル、2022-2027年にCAGR 10.9%成長で2027年に826億ドルに達する見込である。
 この市場成長の要因は、伸び続けるインターネット普及やデータトラフィック、世界的なデータセンタ施設の展開増加、高帯域需要の増加。

2022-2027年にガラスセグメントが高成長
 ガラスセグメントは、予測期間に高成長が見込まれている。ガラス光ファイバは、−40°F ~ 900°F、低温と高温の両方で効率的に機能する。ガラスコアは、光をより効率的に伝送し、伝送速度が著しく高くできるので、ガラス光ファイバは長いセンシング距離で使える。これら光ファイバは、シングルモードファイバ(SMF)でコア径が8–10 ìm程度、マルチモードファイバ(MMF)で50–100 ìm程度。ガラスファイバのこれらハイエンド物理特性により、テレコム、LANsおよびデータセンタを含む様々なアプリケーション市場で採用が増えている。

予測期間にSMFセグメントが最速成長の見込
シングルモードは、予測期間に最速成長セグメントとなる見込である。SMFケーブルは、9µm程度の小さなコア径であり、光の1モードだけを伝播できる。これにより、光がコアを進むときに起こる反射数低減となる。つまり、減衰を減らし、信号の伝送距離を長くする。SMFは通常、1310nmおよび1550nmの間の波長の光を伝送できる。SMFでは、コア vs.クラッド径の比率は9:125 ìm。SMFは、テレコムやデータセンタオペレータからの強い需要がある。例えば、2020年4月、Prysmian Group (Italy)は、業界初の商用利用可能180µmシングルモード高い曲げ耐性ファイバケーブルを発売した。この新しいケーブルは、FTTxや5Gネットワークのアプリケーションに適している。

予測期間に産業アプリケーションセグメントが最速CAGR成長
2022-2027年、産業アプリケーションセグメント市場が最速CAGR成長の見込である。産業ネットワークは、ノイズや電磁干渉にロバストなファイバオプティクスを使用する。産業プラントにおける機械操作は、多くの電気雑音を生み出し、これが通信システムにおける主要な問題の原因となっている。ファイバオプティクスの導入、実装は、産業における機械操作を原因とする障害最小化に役立つ。韓国、中国、USなどの先進経済でスマートファクトリーの普及が、予測期間に産業アプリケーションにおけるファイバオプティクス市場成長を後押ししている。

予測期間にAPACが最大ファイバオプティクス市場となる見込
APACは、予測期間にファイバオプティクス市場で高いシェアを獲得すると予想されている。AI、IoT、ビッグデータなどの先端技術の登場が、同地域で大規模データセンタの導入に道を開いている。Alibaba (中国), Facebook (US), Amazon (US), Microsoft (US), Google (US), および Baidu (中国)などグローバル巨大企業は、すでに同地域にデータセンタを設立しており、他の地域でもその優位性を拡大する計画である。APACでは、市場は、現在、中国とインドのコンシューマが牽引している。これは、高速ブロードバンドサービスとモバイルデバイスの普及率増によるものである。同地域における新規データセンタの展開増が、予測期間にファイバオプティクス市場の成長の原動力となる。