All about Photonics

Business/Market 詳細

導波路コンポーネントとアセンブリ産業、2027年に16億ドル

May, 13, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「導波路コンポーネントおよびアセンブリ市場、部門、範囲、コンポーネント(アダプタ、カプラ、負荷とフィルタ、アイソレータ、サーキュレータ、デュプレクサ、位相シフタ、パワーコンバイナ、圧力ウインドウ)および地域、2027年までのグローバル予測」によると、市場は、2022年に推定で13億ドル、2022-2027年にCAGR 4.8%成長で、2027年に16億ドルに達する見込である。
 市場は予測期間に、有利な成長可能性を示している。これは主としてレーダー技術の進歩、電子戦システムにおけるマイクロ波デバイスの需要増、人工営為や宇宙探査ミッションの打ち上げ増加によるものである。

予測期間に無線セグメントが最大市場規模
範囲は、導波路コンポーネントアセンブリ市場は、無線、マイクロ波、電気光学/赤外(EO/IR)、紫外(UV)、X線、ガンマ線に分けられている。通信と高速接続要求がフォトニックデバイス、関連の導波路製品やコンポーネントの製造を増やしそうである。最も一般的なワイヤレス技術は、無線を利用する。ここでは距離はテレビ同様に短いか、あるいは深宇宙無線通信では数100万kmとなる。

アイソレータとサーキュレータセグメントが予測期間に最高CAGR
 コンポーネントでは、導波路コンポーネントおよびアセンブリ市場は、アダプタ、カプラ、負荷とフィルタ、アイソレータおよびサーキュレータ、デュプレクサ、位相シフタ、パワーコンバイナ、圧力ウインドウに分けられている。アイソレータとサーキュレータセグメントが、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。複数の産業アプリケーションで、加熱によるマグネトロンを抑えるためにアイソレータやサーキュレータの採用が市場の成長を後押ししそうである。

予測期間に北米が最高CAGRで成長
導波路コンポーネントアセンブリ市場で予測期間に北米が最速成長地域となる見込である。これは防衛システムにおける重要な開発、レーダーシステム需要の増加によるものである。高速クラウドコンピューティングの最新技術の登場が、今後数年で、世界的な導波路コンポーネントアセンブリ市場で重要な成長誘因として突出しそうである。増加するインターネット接続、飛行機におけるWi-Fi機能要求、省エネ要求が、北米では予測期間に導波路コンポーネントおよびアセンブリ需要を押し上げる。