All about Photonics

Business/Market 詳細

分布光ファイバセンサ市場、2030年に25億3350万ドル

May, 9, 2022, San Francisco--Grand View Research, Inc.のレポートによると、分布光ファイバセンサ(DFOS)市場規模は、2030年までに25億3350万ドルに達する見込である。市場は、2022-2030年にCAGR 7.3%成長が予測されている。

DFOS市場は、予測期間に、世界的に著しく成長すると見られている。土木業種からの大きな需要、石油&ガス分野における採用増などの要素が、DFOSの需要を大きく後押ししている。光ファイバは、人手による検査が不可能な、パイプライン、ストリーム、原子炉などで、手荒な取扱に耐えられる。さらに、危険な仕事場で構造健全性モニタリングに役立ち、また侵入を防ぐために境界セキュリティ目的でも利用できる。したがって厳しい環境における動作能力が、市場の成長を推進するもう1つの要素となっている。

高度なインフラストラクチャ要求増、一人あたりの収入増が、産業の自動化、都市の移動性、ハイエンド住宅プロジェクトの成長につながると予測されている。様々な政府が、インフラストラクチャの普及促進、新規インフラの展開を重視している。そのため、必要とされるインフラストラクチャ、アメニティ、人々への接続性を提供する一貫した圧力が生まれる。これが、道路、鉄道、ダムなどのプロジェクトへの支出増となった。最先端の土木業種の急成長が、DFOS市場の成長を高めると見られている。

DFOSの急速な普及が、メーカーやサプライヤを後押しして、R&D支出が増加している。目的は、より優れた製品の提供。サービスプロバイダは効率を調整し、製造プロセスを最適化しようとしている。目的は、最大市場シェアを取ること、ファイバオプティクス技術の全ての他の代替品を除去することである。DFOS製品の高い製造&導入価格は、メーカーがより競争力のある価格、信頼度の高い光検査製品を開発するように後押ししている。技術的複雑さは、他の課題と相俟って、ファイバオプティクスの導入価格を押し上げている。これが、市場の成長機会をさらに阻害する。

DFOS市場レポートのハイライト
・温度センシングアプリケーションセグメントが、2021年、市場で優位を占めた(市場規模)。温度センサは、石油&ガス、土木セグメントにアプリケーションがある。
・ファイバオプティクス装置のサプライヤとメーカーは、強力な研究活動により高帯域100Gbpsを見込んでいる。
・北米は、グローバル市場で優位を占めており、2021年、最大市場シェア(収益)だった。
・DFOS装置の需要増は、エンタプライズや製造分野で効率的で、最適化されたプロセス需要の絶えざる増加によるものである。