All about Photonics

Business/Market 詳細

拡張知能市場、2027年に547億ドル

April, 22, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「拡張知能市場、COVID-19影響分析、コンポーネント、技術(マシンラーニング、自然言語処理、コンピュータビジョン)、組織規模、導入モード、業種と地域、2027年までのグローバル予測」によると、拡張知能(augmented intelligence)市場規模は、2022年の179億ドルから、予測期間にCAGR 25.1%成長で、2027年に547億ドルに達する見込である。AI産業は、複雑なビジネスデータ量の増加、先進的拡張知能や分析ツール採用増、デジタルイニシアティブの採用と拡大が成長原動力。

AIは、intelligence augmentation (IA)、認知強化、意思決定支援、機械拡張知能、強化された知能としても知られており、本質的にヒネり(工夫)を加えた人工知能(AI)である。AIは、ヒトのように働き、反応する機械の創造であるが、拡張知能は、人間の労働者を強化するために様々な方法で、それら同じ機械を利用すること。拡張知能は、ビジネス価値を最大化するために協力するヒトと機械を必要とする。つまり、それぞれが強みを活かすことである。別言すれば、IAの主要な目標は、ヒトがより効率的、効果的に働けるようにすること。

クラウドコンピューティング、ビッグデータや分析学、モビリティ/ソーシャルメディア、ブロックチェーン、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、サイバーセキュリティなどデジタル技術の進化が、複数の産業でデジタル化の必要性を生み出した。これらの技術を企業が使って、従来のビジネスプロセスの改善し、あるいは、より多くの機能を付加している。同時に、顧客関係の強化にも役立っている。

マシンラーニング技術が予測期間に最大市場規模
技術の中では、マシンラーニング(ML)が予測期間に最大市場規模となる見込である。MLを備えたAIは、知識を専門的技術に変換するのに役立つ。また、膨大なデータから関連のあるパタンの抽出にも役立つ。MLを備えたAIは、利用できる個々の場合、および多くの変数の正確な単位特性を備えた集合データを使ってパタンを検出できるので、予測モデルの構築が可能になる。

BFSI業種は予測期間に最大市場規模
 業種では、BFSIセグメントが予測期間に最大市場規模となる見込である。AIは、利益改善、全般的なコスト削減のためにあらゆる業種で採用が進んでいる。AIを採用している主要業種に含まれるのは、BFSI、IT & 通信、小売 & 消費財、ヘルスケア& ライフサイエンス、製造、政府& 防衛、エネルギー & 公共事業、運輸 & 流通、メディア & エンタテーメント、他(旅行、ホスピタリティ、研究&学術)。

予測期間、SMEsセグメントが高いCAGR
 組織規模では、大企業が市場で優位を占める見込であるが、予測期間の成長率はSMEs(中小企業)セグメントの方が高い。大手の中ではAIとサービスの採用が高い。大手企業は、AIソリューションを特殊な利用ケースで使っているからである。例えば、顧客関係管理(CRM)、企業リソース計画(ERP)は、ヒューマンリソース(HR)やサプライチェーン部門で利用されている。全ての部門が大量のデータを生み出しているので、AIソリューションは、大企業がデータを統合し、最先端のデータ分析を利用して、役に立つ洞察を作る際に好便である。大企業は、様々なソースからのAIプラットフォームを活用する。例えば、ソーシャルメディアあるいはセンサやカメラでは、個々の記録を他のデータとの関連、時系列に保存する仕方で処理する必要がある。

予測期間にAPACのCAGRが高い
 AI市場は、5地域に分けられている、北米、ヨーロッパ、APAC、ラテンアメリカ、中東&アフリカ。APACが予測期間に好調なペースで成長すると見られている。同地域は、好景気であり、多くの新規企業家の設立を経験している。これらの新規企業は、確立されたプレイヤに対して競争優位性がある先進的分析学の新しいパラダイムを巻き込むことで新規顧客を獲得し、顧客の信頼を得ようと考えている。中国、日本、インドが、AI市場で十分な成長機会を示している。
(詳細は、https://www.marketsandmarkets.com/PressReleases/augmented-intelligence.asp)