All about Photonics

Business/Market 詳細

コパッケージオプティクス収益、2027年に54億ドル

April, 19, 2022, Charlottesville--調査会社CIRは、コパッケージオプティクス(CPO)市場レポートを発表した。それによると、CPO市場は、2027年に収益54億ドルに達する見込である。
 レポートは、データセンタからのCPO需要に焦点を当てており、CPO導入は、主にスイッチングの進化が成長の原動力であり、これは2025年には102.4 Tbpsの速度に達する。スイッチングがこのレベルに達すると、プラガブルトランシーバは、徐々に消え去る。CPOは、プラガブルオプティクスを使う場合と比較して、消費電力を30%削減し、コスト/bitは40%減となる見通し。

レポートの要点
・CPOベースギアは、当初、ハイパースケールデータセンタで使用される。これは、2023年には、CPO収益の80%を占める。ハイパースケールは、数年間は、CPOの「動向」の原動力である。しかし、CIRによると、1年ほどで、CPOは他の種類のデータセンタにも入り込む。

・データセンタにおけるCPOの究極の原動力は、新しい種類の高データレートトラフィックにある。これは格別な低遅延を要求する。この新しいデータセンタトラフィック、特にAIやMLであり、これがCPO市場の主要なドライバである。CPO需要増に貢献する他の種類のトラフィックは、ARとVR。

・ニアパッケージドオプティクス(NPO)の出現、これはCPOの利点の多くを備えているが、実装は、よりシンプルである。NPOとは、データセンタ装置ベンダやHPC会社が、CPOの複雑さの泥沼にはまることなく、次に800Gへシフトできることを意味する。NPOは、CPOにとって効果的な進入路であり、以前には存在しなかったプラガブルへの実行可能な代案である。
(詳細は、https://cir-inc.com)