All about Photonics

Business/Market 詳細

仮想現実市場規模、2030年に870億ドル

April, 13, 2022, San Francisco--Grand View Researchのレポートによると、世界の仮想現実(VR)市場規模は、2022-2030年にCAGR 15.0%成長で2030年に870億ドルに達する見込である。
 様々な産業、特にエンタテーメントとゲーミングでヘッドマウントディスプレイ(HMD)の急速な普及が、大きな市場成長因。加えて、5G技術の登場が、VR技術の普及にプラスの影響を与えている。

教育、航空宇宙&防衛、自動車、ヘルスケアなどの産業で仮想トレーニングの新規需要が市場成長の原動力。例えば、2021年10月、Accentureは、60000のOculusヘッドセットを発注した。目的は、同社の新人研修を簡素化する、新入社員の訓練。同社はVRが、トレーニングは時間効率のよいソリューションであり、魅力的で生産的な技術であると考えている。

VR技術導入でeコマース産業は、買い物客が仮想的に新しい洋服やアクセサリを試すことを可能にした。これは、買い物客の適切な購入選択をサポートする。さらに、COVID-19ウイルス拡大防止のため、教育機関の一時的な閉鎖により、授業は協調促進のために必然的にVRベースのオンラインプラットフォームで行わざるを得なくなっている。

VR技術により医療関係者は、AV機器を利用して、指示を出し、治療を補助することができるようになった。多くの産業でオートメーションとAIの利用増が、市場の主要な成長因の1つになっている。北米は、予測期間に首位を維持する見込である。同地域における技術企業の優位性のによるものである。加えて、先端技術に関わる様々なスタートアップの出現が市場の成長に影響を及ぼすと予測されている。

VR市場レポートのハイライト
・市場は、予測期間に、スマートフォンハードウエアや最先端のVR対応ヘッドセットの進歩が成長原動力となる。
・HMDデバイスセグメントが、2021年、60.0%を上回る最大収益シェアだった。
・半および完全没入型技術セグメントが、2021年に最大収益シェアであり、このセグメントは予測期間を通じてさらに伸びる見込である。これは、シミュレートされた領域にリアル次元をもたらす技術力によるものである。
・APACは、2021年、40.0%を超える最大収益シェアであり、予測期間に市場で優位を占める見込である。

(詳細は、https://www.grandviewresearch.com)