All about Photonics

Business/Market 詳細

マシンビジョン市場規模、2030年に259億2000万ドル

April, 8, 2022, San Francisco--Grand View Researchのレポートによると、世界のマシンビジョン市場規模は、2022-2030年にCAGR 7.7%成長で、2030年に259億2000万ドルに達する見込である。
 数秒のわずかな時間で大量の情報を処理するマシンビジョンシステムの能力は、市場の成長を牽引する主因。マシンビジョンシステムの迅速な処理能力により製造業者は、ごくわずかな欠陥しかない製品の製造で新たなマイルストーンを達成できる。さらに、産業分野におけるロボット採用増が、視覚誘導ロボットシステムのアプリケーションにつながる。自動車、製薬、パッケージング、飲食製造業などの業種が、ロボットシステムを利用する傑出した分野であり。特にマシンビジョンシステムの需要を刺激している。

マシンビジョン技術は、様々なコンポーネントを含んでいる。品質や安全性の多様なパラメタにしたがって製品画像を捉え、分析するためである。その技術は、ソフトウエアとハードウエアの組合せであり、判断に必要な画像を捉えて処理し、様々な特性を計測するなどの機能を実行するためにデバイスを操作制御する。システムの主要コンポーネントは、照明、レンズ、画像センサ、ビジョン処理および通信デバイス。マシンビジョンシステムは、複雑な産業タスクを信頼性よく解決するために貢献する。

産業マシンビジョンシステムは通常、研究機関、教育アプリケーションで使われるものと比べて、ロバストであり、高信頼、安定性、精度が求められる。また、軍、航空宇宙、防衛、政府系アプリケーションで使用されるシステムよりも低コストである。これらの要素により、産業分野でその技術の大量導入が想定されている。加えて、産業で利用されるロボットビジョンシステムは、その技術の導入増にもつながり、したがって市場全体の強化となる。

レポートの要点
・2021年、PCベース製品セグメントが最大収益セグメントであり、予測期間でも市場を支配する見込である。
・識別アプリケーションセグメントが、予測期間に最速成長率を示す見通しである。これに続くのが位置決め、誘導アプリケーションセグメント。
・エンドユース産業では、飲食製造業が予測期間に最高CAGRが見込まれている。
・同産業は、今後10年、APAC地域で大きく成長すると予測されている。この成長は、十分な機会をきっかけにしたものである。同地域には、中国や日本など、際立つ国々に大きな製造ハブが存在するからである(食品やパッケージング、自動車、制約、産業およびコンシューマエレクトロニクス分野)。

(詳細は、https://www.grandviewresearch.com)