All about Photonics

Business/Market 詳細

ロボットセンサ市場、2028年に50億ドル超

March, 2, 2022, Delaware--Global Market Insights Inc.の調査によると、ロボットセンサ市場規模は、2028年に50億ドルを超える見込である。
 ロボットセンサ市場の成長は、製造、砿業、化学、医療および自動車を含む産業で自動化技術の採用が増加しているためである。World Robotics Report 2021によると、産業ロボットストックは10%増、300万台に達した。これは、世界の産業ロボット導入の3%増となる。これらのロボットは、高精度&効率達成のために、様々な先進的センサを装備している、近接、触覚、力、ビジョン、超音波が含まれる。さらに、モバイルロボットのコスト低下が、小企業の自動化技術の開発&採用を促進しており、これが今後数年で市場の潜在力を後押しする見込である。

産業およびサービスロボットに組み込まれている4DビジョンやLiDAR技術の高コストが、ロボットセンサ市場における成長機会の障害になっている。LiDARは、ロボットに使われるハイパワー消費技術であり、小企業には高価で非効率となる。さらに、複数の企業が、低コスト&コンパクトなロボットセンサを開発する傾向があり、これは、これらの課題を克服すると見られている。

2021年、ビジョンセンサセグメントは市場シェア25%、また2028年まで成長率11%が予測されている。産業成長は、産業ロボットでマシンビジョンやフォトニクス技術の利用が増加したためである。これは、ロボットに、複数の利点を提供している、効率&感度の向上、正確な障害検出、ローコストオペレーションなどである。これらの要因によりロボットセンサメーカーは、競争力を獲得のために産業に特化したセンシングデバイスを開発している。

スマートファクトリにおける協働ロボットの採用増が市場需要を促進
 協働ロボットセグメントは、2028年まで、CAGR 12%成長が見込まれている。これを主導するのは力&速度モニタリング、衝突検知、作業場の安全を含むいくつかの特徴。それは、効率、柔軟性、ROIの増加も提供する。これらの特徴により主要市場プレイヤは、協働ロボット技術に大規模投資し、採用してきた。

ウエアハウスにおける自動化拡大がロボットセンサ市場価値を推進
 2021年、流通セグメントが収益シェアの10%だったが、2028年までにこれは13%を超える見込である。産業の拡大は、ウエアハウスや輸送分野における無人搬送車(AGVs)の利用増によるものである。ロボットセンサは、流通分野では、パッケージング、ピック&プレイス、積込&荷下ろし、輸送およびその他のロボットに使用される。これらのセンサによりウエアハウスオーナーは、効果的にワークフローを管理し、サプライチェーンプロセスを合理化できる。さらにロボットセンサの市場での普及を促進する。リーダーの中には、流通分野からの増加する需要に対処するためにアプリケーション特化ロボットの開発を重視しているところもある。

北米では、AIロボット工学イノベーションを支援する有利な政府の取組
 北米ロボットセンサ市場は、2022-2028年に成長率11.5%が予想されている。これは、AI & IoT活用の新しいロボット技術でR&Dと革新をサポートする政府の取組強化によものである。例えば、2021年、全米科学財団(USNSF)は、同国の新規AI研究機関確立のために2億2000万ドルを投資した。これらの研究機関は、分散ロボット工学、スマート輸送、防衛自動化のためにイノベーション&先端AI技術およびエッジネットワークにフォーカスしている。

市場の主要プレイヤは、FANUC, Honeywell International, Inc., Keyence, Rockwell Automation, EPSON, およびOptoForce。これらの企業は、新製品の発売と提携など、常に、非有機的成長戦略を重視している。目的は、提供製品の拡大と、高需要対応である。
(詳細は、https://www.gminsights.com/)