All about Photonics

Business/Market 詳細

光学選別機市場、2027年に41億ドル

February, 24, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「光学式選別機市場、COVID-19の影響分析、タイプ(カメラ、NIR、レーザ、ハイパースペクトルカメラ&統合選別機、他のタイプ)、プラットフォーム(フリーホール、ベルト、レーン、ハイブリッド)、アプリケーション、地域、2027までのグローバル予測」によると、市場は2022年の26億ドルから、2022-2027にCAGR 9.9%成長し、2027年に41億ドルに達する見込である。
 様々な産業で生産性向上のための自動化重視促進が、光学式選別機市場の成長原動力。さらに、食品加工作業、加工やデリバリ時間短縮のために採用が進んでいること、様々な国々で手動労働力の賃金上昇、食品の安全性に関する厳しい政府の規制が、光学選別機市場の成長後押しで重要な役割を担っている。

予測期間に食品アプリケーションが最大規模
食品アプリケーション用の光学選別機市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。短期デリバリ周期で高品質食品製品の需要増、自動化の成長が、食品アプリケーションで光学選別機市場の成長を後押しする主因。食品は必需品と考えられており、COVID-19によるサプライチェーンの途絶で、食品会社は、食品加工の自動化採用に懸命になっている。これは、食品関連の厳しい品質基準と政府の規制を満たすためである。さらに、これが、光学選別機を含む食品加工設備への投資に影響する。加えて、世界的なパンデミックCOVID-19の出現が、健康で衛生的な食品、したがって冷凍野菜の需要増を後押しした。製品品質は、消費者に食品の安全性を保証し、メーカーの評判を守り、パッカー顧客を満足させるために極めて重要。

ベルトプラットフォーム光学選別機が予測期間に最速CAGR
ベルトプラットフォームは、予測期間を通じで光学選別機市場で優位を占めると予測されている。さらに、2022-2027年に最高CAGR成長が見込まれている。ベルト選別装置は、食品、リサイクリング、砿業など様々なアプリケーションで広く利用されている。選別精度が高く、キャリーオーバ(残り物)率が低いからである。ベルト選別装置は、新鮮、冷凍、および乾燥野菜や果物、加工ジャガイモ製品やナッツで高性能である。このプロセスは、食品汚染リスクを徹底的に最小化し、製品品質を改善する。さらに、それは微小な欠陥や異物の検出に役立ち、排出精度システムを改善し、欠陥除去性能を支援し、選別機収量を向上させる。

予測期間に北米が光学選別機市場で優位
北米は、予測期間に光学選別機市場で優位を占めると見られており、同時に2022-2027年に大きなCAGR成長が見込まれている。北米は、食品アプリケーションで光学選別機導入で自動化のアーリーアブブタ(早期導入者)の一つである。北米の光学選別機会社は、新世代光学選別機にAIベースディープラーニング技術、ハイパースペクトルカメラ、コスト効率&省エネソータ、視覚認識、様々な産業で物質の流れを分析する金属検知器を統合することで、光学選別装置需要の成長に活気を与えている。北米の光学選別機市場の大きなシェアは、食品産業、食品の安全性に対する厳しい規制の存在によるものである。食品アプリケーションにおける光学選別機需要は、人の介入を最小化することで衛生と安全性を確実にするこれらの厳しい規制によるものである。