All about Photonics

Business/Market 詳細

倉庫ロボット市場、2030年に157億ドル

February, 18, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「倉庫ロボット市場、製品タイプ、機能、アプリケーション、2021-2030年のグローバル機会分析と産業予測」によると、市場は、2020年の44億ドルから、2020-2030年にCAGR 13.2%成長で、157億ドルに達する見込である。

倉庫ロボット工学に含まれるのは、ソフトウエアやパッケージング作業をスピードアップする袋詰め機械などの自動システム。ロボットは、倉庫では、ピック&プレイス、移送、パッケージング、パレット積載などのアプリケーションで利用される。ウエアハウス(倉庫)とロボット技術の統合は、正確さを保証し、自動化を容易にする。保管場所、ウエアハウスの操作効率向上だけではない。世界のウエアハウスロボット市場の成長は、eコマース分野の競争激化、最小在庫管理単位数の増加、技術進歩による自動化要求急増が原動力。しかし、トレーニングと導入に関わる高い初期投資、認識の欠如、転職の脅威、エンドユーザによってはロボットとの相互作用の難しさが市場の成長を阻んでいる。

世界のウエアハウスロボット市場は、ロボットタイプ、機能、エンドユーザ、地域に分けられている。タイプでは、市場は、SCARA(水平多関節型)、シリンドリカル、パラレル、モバイル(移動)、パラレルロボット、カルテシアンロボットに分類されている。現在、モバイルロボットが市場で最も優勢である。これに続くのが静止型多関節ロボット、またSCARAロボットは、市場シェアを失うと予測されている。自律的移動ロボットの利用が急増するからである。静止型多関節ロボットの成長率は予測期間に7.5%、一方モバイルロボットは、同期間に6.5%成長が見込まれている。さらに、eコマース、食品&飲料、製薬、自動車産業の成長が、近い将来、これらのロボットの採用を促進すると予想されている。

機能ベースでは、市場は、ピック&プレイス、組立-分解、輸送、パッケージングに分類されている。ピック&プレイスが最高収益セグメント、これに続くのがパッケージング。ピック&プレイスセグメントは、予測期間にCAGR 17.3%成長が見込まれている。

エンドユーザベースでは、市場は、eコマース、自動車、食品&飲料、エレクトロニクス&電気、金属、製薬などに分かれている。eコマースセグメントが、市場で最大シェア、これに続くのが自動車産業。

地域では、市場は、北米、ヨーロッパも、APAC、LAMEAに別れる。北米がウエアハウスロボットの最大ユーザ、次がAPAC。APACは、予測期間にCAGR 5.9%成長。北米は、世界のウエアハウスロボット市場シェアで優勢であると見られている。予測期間に、eコマース、食品&飲料、金属&機械、電子&電気産業が成長するからである。

ウエアハウスロボット産業の腫瘍プレイヤは、ABB Ltd., Fanuc Corp., Kuka AG, Yaskawa, Electric Corp., Amazon Robotics (Amazon.com Inc.), Yamaha Robotics, Fetch Robotics Inc., Locus Robotics, Omron Corporation, Honeywell International Inc., およびSiemens AG.。

調査レポートの要点
・タイプでは、2020年、モバイルロボットセグメントが市場で優勢だった。
・機能では、2020年、パッケージングセグメントが、収益で最高成長。
・エンドユーザでは、eコマースセグメントが、今後、最高成長率となる見込。
・掘り下げると、世界のウエアハウスロボット市場分析は、2020-2030年の重要セグメントの構成的推定により実施されている。