All about Photonics

Business/Market 詳細

付加価値サービスによりスマートマニュファクチャリング投資が増加

February, 16, 2022, New York--ABI Researchによると、製造業がデジタル変革戦略を進めているので、スマートマニュファクチャリング投資は、2021年の3450億ドルから、2030年には9500億ドルに増加する。
この市場は、自律モバイルロボット(AMRs)、アセット追跡、シミュレーション、デジタルツインなど、Industry 4.0ソリューションを採用する工場に関するものである。

「今日の収益のほとんどはハードウエアによものであるが、分析、協働産業ソフトウエア、ワイヤレス接続性(Wi-Fi 6、4G、5G)への依存性拡大が、付加価値サービスへの投資を刺激し、規模は予測期間に2倍以上になる。含まれるのは、接続性、データ管理、有効プラットフォームである」とABI Researchの産業&製造リサーチディレクタ、Ryan Martinは説明している。

上位の製造地域は、中国、US、日本、ドイツ(その順序)、また輸送産業、もっと特化すると自動車製造は、中国を除く全ての地域で収益の上位産業である。中国では,自動車が2番、エレクトロニクス製造が1番。これらの地域は、先進的製造技術のアーリーアダプターでもあり、世界で最も発展した製造業経済である。自動化に関しては、自動車産業がリードしており、操業の約50%が自動化されている。

「メーカーと、その技術パートナーは、デジタルスレッド(digital thread)へのシフトサポートに非常に力を入れている。製造サイクルを通じてデータ管理の改善、強化が目的である。共通データバックボーンによりメーカーは、チームと部門で、より効率的に操業できるようになる。デジタルスレッドで製造業を支援する広範なサプライヤが存在する」とMartinは説明している。Siemens、PTC、およびHitachi Vantaraは、全体的な革新と実行能力に関してリーダーの一部である。他の重要なプレイヤは、製造データライフサイクルの中核面に焦点を当てている。モデリングとシミュレーション(Autodesk、Ansys、Dassault Systèmes、MSC Software)、接続性(Nokia、Ericsson)、品質(Hexagon、Instrumental、Cognex、Keyence)、産業オートメーション(Rockwell、Emerson、ABB)。

「次第に、コンテクスト操作、予測操作のためにリアルタイムで層化、比較できるデータソース(空間データを含む)が増えている。最も進んだメーカーは、これらのラインに沿って考え始めているが、大半は、そのデジタルトランスフォーメーションの道を始めたばかりであり、まだ十分に拡大していない」(Martin)。
(詳細は、https://www.abiresearch.com/)