All about Photonics

Business/Market 詳細

地理空間画像分析市場、2026年に375億ドル

February, 15, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「地理空間画像分析市場、タイプ(画像分析とビデオ分析)、収集手段(衛星、UAVs、GIS)、アプリケーション、導入モード、組織規模、業種と地域、2026年までのグローバル予測」によると、地理空間画像分析市場は、2021年に91億ドル、予測期間にCAGR 32.8%で成長し、2026年に375億ドルに達する見込である。この市場の成長を後押しする主因は、地理空間画像分析技術の向上と競争激化。

COVID-19の蔓延は、世界、ビジネス、経済を破壊し、大衆の生活の仕方に影響を与えた。また企業が採用した経営管理のアプローチ方法にも影響を与えた。COVID-19パンデミックは、経済領域のあらゆる要素に影響を及ぼした。ハードウエアビジネスは、IT業界で最も大きな影響を受けた。ハードウエア供給の減速と製造能力の削減により、ITインフラストラクチャの成長は低迷。ソフトウエアとサービス事業も短期的に減速が予想されている。しかし、共同アプリケーション、位置情報アプリ、セキュリティソリューション、ビッグデータやAIの採用が、一年の残りの期間に増加する見込みである。パンデミックは、地理空間画像分析市場に影響を与えたが、企業は、地理空間画像分析ソリューションやハードウエアを利用してファシリティマネージメント、ウイルス追跡、人々の追跡と管理、スマート検疫を行っている。政府は、業界の私企業と共に、地理空間画像分析ソリューションを採用して、市民を屋内に押し込め、追跡している。

予測期間にクラウドセグメントが、高いCAGRで成長
地理空間画像分析市場は、クラウドとオンプレミスに二分される。クラウド導入モードの市場規模は、大きいと推定され、予測期間に高いCAGR成長が見込まれている。クラウドベース導入は、ビジネスのより効率的なプロセス、レポートデータ検索に役立ち、コラボレーション強化、ビジネスインテリジェンスへのアクセスを速める意思決定を可能にし、地理空間画像分析市場の採用促進につながる。

予測期間にSMEsセグメントの市場規模が相対的に拡大
予測期間に、SMEsセグメントは、地理空間画像分析市場で成長が速いセグメント。クラウドベースソリューションとサービスが事業業績の改善、生産性増強に役立つからである。大企業では、増え続けるクラウドの採用により、地理空間画像分析ソフトウエアとサービスが増加。またそのトレンドは予測期間も続くと見られている。

予測期間に、ヘルスケアとライフサイエンスセグメントが高い成長率
 地理空間画像分析は、決定をサポートし、産業に実用的洞察を供給できるリアルタイム情報を提供することで意思決定に役立つ。それは、患者ケアに注ぐ力の増強に役立ち、サービスを強化し、既存の手順を改善する。

予測期間にAPACが高い成長率
 APACは、予測期間に、地理空間画像分析ソリューションとサービスの採用が大幅に増加する。データ量の増加、AIやビッグデータ技術の進歩、データの整合性について関心の増加、有用な洞察の需要増が、APACで地理空間画像分析市場の成長を後押しする主因。中国や日本などの国々は、データベースのビジネス決定を可能にし、ビジネスプロセスを増強するデータ管理強化を重視している。