All about Photonics

Business/Market 詳細

半導体製造装置市場、2027年に1750億ドル

February, 14, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「半導体製造装置市場、COVID-19の影響分析、フロントエンド装置、バックエンド装置、ファブファシリティ装置、製品タイプ、サイズ、サプライチェーン参加者、地域、2027年までのグローバル予測」によると、世界の半導体製造装置市場は、2021年に953億ドル、予測期間にCAGR 8.5%で成長し、2027年に1750億ドルに達する見込である。
 将来のAI駆動ワークロードやアプリケーションの後押しでAIチップの需要激増が、半導体製造装置市場で需要の原動力となっている。

フロントエンド装置では、リソグラフィ装置セグメントが、予測期間に半導体製造装置市場の最大シェアとなる見込。
 世界的に半導体デバイスの需要増によりリソグラフィ装置市場は、最大シェアが見込まれている。様々なエンドユース産業における半導体チップの需要増が、リソグラフィ装置の採用増となり、これがリソグラフィセグメントの成長を後押ししている。半導体製造装置市場の主要プレイヤも、その半導体製造装置製品ポートフォリオを強化するために有機的な成長戦略を採用している。

バックエンド製品では、予測期間にウエファテストセグメントが、高いCAGR成長が見込まれている。
 ウエファテストセグメントは、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。その成長は、高精度ICs需要によるものである。最新のICsは、多機能を組み込んでいる。また、複雑な回路は、正確さを達成するために適切なテスト装置を必要としている。

ファブファシリティ装置では、化学制御装置セグメントが、予測期間に高いCAGRが見込まれている。
化学制御装置セグメントは、予測期間に最高CAGRで成長すると見られている。化学制御装置による汚染制御は、半導体製造工程中に、収率と装置の効率に大きな影響を与える。

製品タイプでは、2022年、半導体製造装置市場で、メモリセグメントが最高シェアを占める見込。
メモリセグメントは、半導体製造装置市場で最大シェアを占めると予測されている。電気自動車(EVs)や自律走行車の増加トレンドにより、メモリICsの利用増が見こまれている。

サイズでは、3D ICsセグメントの半導体製造装置市場が、予測期間に最高CAGR成長の見込である。
3D IC製造向けの半導体製造装置市場は、予測期間に最高CAGRで成長すると見られている。 携帯電話、パーソナルデジタルアシスタント(PDAs)、デジタルカメラ、ラップトップコンピュータなどポータブルハンドヘルド機器の機能改善、小型化要求の増加が3D ICsを選択すると予想されている。

サプライチェーン参加者では、IDM会社セグメントが、予測期間に最高CAGRとなる見込である。同セグメントは、半導体製造装置市場で最大シェアを獲得しており、これはほとんどの会社がTier1企業であり、巨額のR&D投資、広範な顧客基盤、大きな世界的なプレゼンスを持つからである。

地域では、APACが、予測期間を通じて半導体製造装置市場で最大シェアを占める見通してである。
 2021年、2027年までAPACの半導体製造装置市場は、最大シェアであり、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。市場は、半導体産業における継続的開発、同地域の市場プレイヤによる拡張活動、アジアの政府による半導体産業への財政支援が成長原動力となっている。同地域には、複数の半導体製造装置会社が存在する。Tokyo Electron Limited, SCREEN Holdings Co., Ltd., Advantest, Hitachi High-Tech Corporation, Nikon Corporation, Daifuku Co. Ltd.,などである。