All about Photonics

Business/Market 詳細

光制御スイッチ市場、2030年に125億ドル

February, 10, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「光制御スイッチ市場、製品タイプ、ソリューションタイプ、通信技術、光源、アプリケーション、地域およびエンドユーザ、2020-2030年グローバル機会分析と産業予測」によると、市場は、2020年の72億ドルから、2021-2030年にCAGR 5.7%成長で2030年に125億ドルに達する見込である。

光制御スイッチは、人の日常生活で重要な役割を担う。全ての人にとって光がアメニティの基本だからである。照明コントロールは、入力/出力デバイスとシステムである。制御システムは情報をうけとり、それでどうするかを決定し、次に、それに応じて照明パワーを調整する。パワーは回路を走る、照明グループにエネルギーを供給する。さらに照明制御スイッチは、エネルギーを調整し、オネルギー管理に幅広いメリットをもたらす。

都市化の進行で、住宅、商業および産業、商業、産業不動産の増加となり、つぎに、これが光制御スイッチ需要を促進し、市場成長の主要原動力となる。加えて、インドなど発展途上国の政府は、たいてい、スマートシティなどのプロジェクトに重点的に取り組んでいる。これも、光制御スイッチ市場に広範な機会を作り出す。

グローバル光制御スイッチ市場は、製品タイプ、ソリューションタイプ、通信技術、光源、アプリケーションと地域をベースにして分けられている。製品タイプでは、市場は、スイッチとディマーに分類されている。ソリューションタイプでは、スタンドアロン光制御ソリューションと統合光制御ソリューションに分けられている。通信技術では、有線技術とワイヤレス技術に分類されている。光源では、白熱電球、蛍光灯、高輝度放電(HID)、LED、コンパクトCFLに分類されている。アプリケーションでは、屋内と屋外に分けられており、さらに住宅、商用、産業用、ハイウエイ&道路照明、建築照明、公共場所向け照明に分けられている。地域は、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAに分類されている。

調査の要点
・地域では、APACが予測期間に収益で最高CAGR成長の見込み。
・光制御スイッチ市場分析としては、製品タイプで、2020年、スイッチが最大シェアだった。
・ソリューションタイプでは、2020年、スタンドアロン光制御ソリューションセグメントが最大シェアだった。
・光源では、2020年、LEDセグメントが大きなシェアに寄与した。
・アプリケーションでは、2020年、公共の場所向け照明セグメントが大きなシェアに寄与した。
(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)