All about Photonics

Business/Market 詳細

II-VI、Element Sixから単結晶ダイヤモンド技術のライセンス取得

February, 7, 2022, Pittsburgh--II‐VI Incorporated (Nasdaq: IIVI) と Element Sixは、戦略的提携を発表した。Element Sixの単結晶ダイヤモンドライセンス供与を受けることでII-VIのダイヤモンドプラットフォームを拡大し、新しい破壊的アプリケーションの開発を加速する。

サイズ、重量、省エネが戦略的ドライバーとなっている世界では、ダイヤモンド材料固有の特性が、将来世代の製品の設計者に画期的なソリューションを提供する。6Gワイヤレスコンポーネントを含む先進的なパワー、RFエレクトロニクスのアプリケーション、ライフサイエンス、熱管理、量子コンピューティングにおける他の新興アプリケーションが、単結晶ダイヤモンドの採用を促進すると予測されている。これは、製造が極めて難しいが、その傑出した光学的、機械的、熱的および電気的特性はよく知られている。

この重要な提携を通じてII-VIは、Element Sixからその知的所有権(IP)と、高品質単結晶ダイヤモンド製造に必要な装置のライセンスを受け、予想される市場機会に先行してダイヤモンド技術の中核技術を拡大していく。

「Element Sixは、単結晶ダイヤモンドエンジニアリングの世界的リーダーになり、成長するために70年以上にわたり数億ドルを投資してきた。この素晴らしい提携は、技術プラットフォームに早期投資するII-VIの革新的戦略と一致するものである。技術プラットフォームは、プロセスおよび資本集約的であり、進化、成熟、拡大に時間を要する。したがって、われわれは顧客の技術ロードマップを有効にできるのである」とII-VI Incorporated、Engineered Materials and Laser Optics Business Unit、Sr. Vice President、Steve Rummelは話している。

「エレクトロニクスの今後の機会とは別に、利用しやすい高品質単結晶ダイヤモンド需要を促進する広範な目先のアプリケーションがある。ハイパワーオプティクス、高耐久性部品、高性能熱管理システムなどである。II-VIとのこの戦略的な提携を通じてこれら、多くの新しい市場の実現を期待している」と、Element SixのChief Technologist、Dr. Daniel Twitchenはコメントしている。

破壊的な単結晶ダイヤモンドを使用するソリューションを市場に導入してきた20年以上に及ぶ実績で、Element Sixは、すでに、センシング、オプティクス、半導体で幅広いアプリケーションを解き放つことに貢献してきている。両社の戦略的提携は、単結晶ダイヤモンドアプリケーションを拡大する次のマイルストーンを示しており、増え続ける顧客の範囲に競争優位性を提供するものである。
(詳細は、https://ii-vi.com/)