All about Photonics

Business/Market 詳細

ファイバオプティックコンポーネント市場、2027年に375億ドル

February, 2, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ファイバオプティクコンポーネント市場、COVID-19影響、コンポーネント(トランシーバ、AOCs、ケーブル、増幅器、スプリッタ、コネクタ、サーキュレータ)、データレート、アプリケーション(通信、分布センシング、照明)、地域、2027年までのグローバル予測」によると、市場は、2022年の245億ドルから、2022-2027年にCAGR 8.9%成長で、2027年に375億ドルに達すると予測されている。
 この市場の成長を後押しする主因は、データセンタの導入増、インターネットの普及とデータトラフィックの成長、帯域需要の増加。デジタルサイネージ市場における光コンポーネント採用の増加、信頼性のためファイバオプティク需要の増加、開発途上国経済で通信インフラストラクチャの拡張が、COVID-19の只中で、効率的なオペレーションのためにファイバオプティックコンポーネントの力強い需要を生み出している。

2021年、トランシーバ市場が最大シェア
2021年、トランシーバ市場が最大規模だった。スマートデバイス(スマートフォン、ラップトップ、ホームアシスタント、IoTベースホームセキュリティシステム、ゲーミングコンソール)、増加するデータトラフィックが、高速、コヒレント光トランシーバモジュールを開発、使用する主要な原動力。さらに、5Gネットワークの導入、AIの組込、IoTが、光トランシーバ市場を著しく変革する。

2021年、通信市場が最大シェア
2021年、推定で、通信市場がファイバオプティックコンポーネント市場で最大シェアを占める。通信アプリケーションは、2027年までファイバオプティックコンポーネント市場を牽引すると見られている。高速通信ネットワークの導入、ハイデータレートへのシフト、4G、LTE、5Gなどの帯域集約的なネットワークが光通信、ネットワーキング装置需要を生み出す。これは、増え続ける通信ネットワーク負荷に対処するためである。

北米市場が最大シェア
市場規模では、2021年、北米がファイバオプティックコンポーネント市場で首位を占め、地域では、最大シェアだった。同地域の大手企業の堅固な存在、高いデータ通信需要、スマートフォン、タブレット、VoIP装置など通信デバイスの利用増、成長が続くウエアラブルデバイス市場、増え続けるデータセンタの導入が、この地域でファイバオプティックコンポーネント市場の成長を後押ししている。

市場の主要プレイヤは、II-VI Incorporated (US)、 Lumentum Holdings Inc. (US)、Broadcom Inc. (US)、SEI (日本)、Accelink Technologies (中国)、Acacia Communications, Inc. (US)、EMCORE Corporation (US)、FOC(日本)、古河電工(日本)。これらの企業の多くは、市場での位置を強化するために、製品発売と開発、拡張、買収、提携など、有機、無機、両方の成長戦略採用を重視している。