All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートマニュファクチャリング市場、2027年に2282億ドル

January, 31, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「スマートマニュファクチャリング市場、情報技術によるCOVID-19への影響、実現技術、産業(プロセスと個別)、地域(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)、2027年までのグローバル予測」によると、グローバルスマートマニュファクチャリング市場は、2021年に887億ドル、2022-2027年にCAGR 18.5%成長で、2027年に2282億ドルに達する見込である。

スマートマニュファクチャリング市場の主要原動力に含まれるのは、Industry 4.0の採用増、製造工程における増加する産業オートメーション重視、産業オートメーションをサポートする政府の関与増、規則順守重視、高まるサプライチェーンの複雑さ、時間とコストを抑制するソフトウエアシステムの需要急増。

予測期間にデジタルツイン市場が最速成長の見込み
 デジタルツインの実現技術によるスマートマニュファクチャリング市場が、2022-2027年にCAGR 68.9%成長が見込まれており、2021年の21億ドルから、2027年には436億ドルに達すると予測されている。デジタルツインは、3Dデジタル表現で、物理的製品とその挙動についての接続情報の手段としての利用が増加している。これは、エンジニアリングや他のビジネス分野で一般に利用されているものである。例えば、Dassault Systems (フランス)は、バーチャルツインコンセプトを導入した。これにより設計およびエンジニアリングチームは、製品、システムを仮想的に可視化、分析でき、物理的挙動と類似の洞察が得られる。これはには、ソフトウエアや制御システムに関する挙動とともに応力と振動も含まれる。

2027年、自動車産業がスマートマニュファクチャリング市場で最大シェア
 自動車産業は、最高市場シェアであり、スマートマニュファクチャリング市場で最も重要である。予測期間に29.1%成長が見込まれている。これは、変化するコンシューマの嗜好、技術進歩、自動車産業に関係する規制の導入が、自動車製品の高次の複雑性に関係している。自動車は、極めて複雑で、技術的に高度な製品である。その製造は、高度な技術的方法とプロセスを必要とする。電気自動車、ガソリン車の技術革新は、自動車産業のインフラストラクチャの変化につながる。また、最新の機械や装置が自動車産業のほとんどの重要な工程で人手に取って代わり、スマートマニュファクチャリング技術の採用になる。

APACのスマートマニュファクチャリング市場が最高CAGR成長
 APACにおけるスマートマニュファクチャリング市場の成長を後押しする主因は、産業オートメーションの促進、Industry 4.0、スマートファクトリ、IoT、IIoTなどの技術の採用増によるスマートツールの需要増である。また、生産性最適化、運用やメンテナンスコスト削減ニーズも増加している。産業化を後押しする様々なAPAC諸国における政府の支援は、この先数年で、スマートマニュファクチャリング要求を後押しする重要な要素の一つとなる。例えば、中国の“Made in China 2025” 日本の“Industrial Value Chain Initiative (IVI)” 韓国の “The Manufacturing Innovation Strategy 3.0 (Strategy 3.0)” およびインドの“Samarth Udyog Bharat 4.0”は、産業の進歩に大きな役割を果たしそうであり、結果的にスマートマニュファクチャリング市場に大きな成長機会を作り出す。