All about Photonics

Business/Market 詳細

ナノサテライト/マイクロサテライト、2030年に86億9000万ドル

January, 31, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「ナノサテライト、マイクロサテライト市場、エンドユーザ、アプリケーション、軌道タイプ、グローバル機会分析と産業予測、2021-2030」によると、市場は2020年に22億3000万ドル、予測期間にCAGR 14.9%成長で、2030年に86億9000万ドルに達する見込である。

収益では北米が市場で優位、これに続くのがヨーロッパ、APAC、LAMEA。2020年、米国が世界のナノサテライトおよびマイクロサテライト市場シェアで優位を占めた。これは、主要プレイヤによる活発なR&D活動、技術開発、信頼性、長寿命、効率的なナノサテライトおよびマイクロサテライトを作る革新技術の急速な採用によるものである。APACは、予測期間に高い成長率が見込まれている。複数のアジア諸国、たとえば、中国、インド、日本、韓国などでナノサテライト、マイクロサテライトの製造、打ち上げが増加しているためである。

エンドユーザでは、市場は、民間、政府、商用および軍事に分けられている。2020年、商用セグメントが最大収益だった。これは、世界的に様々な商用アプリケーションで高需要だったためである。

アプリケーションでは、市場は、通信、地球観察、宇宙科学、技術デモンストレーション、技術開発に分けられている。2020年、地球観察セグメントが最高収益を上げた。世界中で地球観察アプリケーションに衛星データ需要が高いからである。

軌道タイプでは、非極、極、太陽周期に分けられている。2020年、太陽周期が最高収益だった。大半のナノサテライトおよびマイクロサテライトがこの軌道タイプに打ち上げられたからである。

調査の要点
・エンドユーザでは、商用セグメントが予測期間に大きく成長する見込。
・アプリケーションでは、商用セグメントが、今後、大きく成長すると予測されている。
・軌道タイプでは、太陽周期セグメントが市場をリードすると見られている。
・地域では、APACが、予測期間に最高CAGR成長の見込である。