All about Photonics

Business/Market 詳細

IDEEL研究プロジェクト、レーザベース乾燥プロセス

January, 28, 2022, Münster--Battery 2020の一貫としてドイツ連邦教育と研究省(BMBR)支援IDEELリサーチプロジェクトは、気候に優しく、経済的なリチウムイオンバッテリの連続生産向けレーザ乾燥プロセスの発売を目標にしている。成果は、ドイツ、ミュンスタのFraunhofer Research Fab Battery Cells (Forschungsfertigung Batteriezelle) に組み込まれる。これにより、産業および研究からのユーザは、新しいバッテリの連続生産をテストし、最適化できる。

このプロジェクトの目標は、業界関連のレーザ乾燥プロセスの開発。この背景を念頭に、助成金を受けた研究プロジェクトIDEEL(Implementation of Laser Drying Processes for Economical & Ecological Lithium-Ion Battery Production)が、2021年10月22日に立ち上げられた。

IDEEL構想で、プロジェクトパートナーは、いくつかのサブゴールを追求している。最初のステップは、レーザ利用に最適化された新しい電極スラリーの開発に関与する。これは、コーティング材として利用される(PEM RWTH、 MEET WWU)。さらに、大面積、均一なレーザスポットの高効率レーザシステム(Laserline)、非接触温度計測に基づいた高度に統合されたプロセス監視システム(Optris、Laserline、Fraunhofer ILT)が、実装される。これに基づいて、レーザベース乾燥プロセスが、デモンストレータ(Coatema)で、産業標準送り速度の評価が行われる。研究プロジェクトは、Battery 2020助成金の一貫として、BMBFがサポートしている。

将来、IDEELプロジェクトの成果は、
Fraunhofer Research Fab Battery Cells (Forschungsfertigung Batteriezelle、FFB)のプロセスに組み込まれる。これは、概念およびアドバイザリガイダンスにより同プロジェクトを支援している。オペレータおよびスポンサーによると、同研究機関は、ドイツおよびヨーロッパのパートナー向け最新バッテリセル製造開発センタとなる予定である。したがって、完全な製造インフラストラクチャは、現在、Münsterに建設中である。これにより企業や研究機関は、新しいバッテリの連続生産をテスト、最適化できるようになる。目標は、効率的、ローコスト、高品質のバッテリ生産。これにより、ドイツやヨーロッパのメーカーの世界市場への依存度を著しく、永久に軽減できる。ドイツ連邦教育・研究省(BMBF)と北ライン-ウエストファリア州は、この研究製造ファシリティ設立に最大6億8000万ユーロを拠出する。

プロジェクトに関わる企業と研究機関は以下の通り。
Laserline GmbH
Coatema Coating Machinery GmbH
Optris GmbH
Fraunhofer Institute for Laser Technology (ILT)
Fraunhofer Research Fab Battery Cells (Forschungsfertigung Batteriezelle, FFB) at the Fraunhofer Institute for Production Technology (IPT)
Münster Electrochemical Energy Technology (MEET), Battery Research Center / Batterieforschungszentrum der Westfälischen Wilhelms-Universität Münster (WWU University)
Production Engineering of E-Mobility Components (PEM) of the Rheinisch-Westfälische Technische Hochschule Aachen (RWTH University)
(詳細は、https://www.ilt.fraunhofer.de)