All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の適応光学市場規模、2028年に4億7500万ドル

January, 28, 2022, Maharashtra--Zion Market Researchの調査によると、適応光学(AO)産業は、2020年の収益が2億4000万ドル、2028年にはこれが4億7500万ドルに達する見込である。
 さらに、AO市場は、2021-2028年にCAGR約9.1%成長が予測されている。また、予測期間のAO市場の拡大は、光波歪により、光学ツールが、誤った測定&イメージングとなることから、光学系強化要求でAO需要のエスカレートによるものである。これは別にして、網膜色素変性、加齢黄斑変性症など網膜変性疾患の発生が、市場の展望を誘導する。さらに、AOイメージング法や分子遺伝学的解析で利用される高解像度表現型が、初期段階で網膜色素変性や加齢黄斑変性症などの効果的なイメージングを促進し、したがって市場成長の範囲を拡大する。適応光学に新規特性が加わることで、適応光学(AO)産業規模はさらに拡大する。
(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com/)