All about Photonics

Business/Market 詳細

自動運転車市場、2030年に6240万台

January, 26, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「自動運転車市場、コンポーネント(レーダ、LiDAR、超音波、カメラユニット)、車輌(ハッチバック、クーペ&スポーツカー、セダン、SUV),自動レベル(L1, L2, L3, L4, L5)、モビリティタイプ、地域、2030年までのグローバル予測」によると、市場規模は、2021年の2030万台から、CAGR 13.3%成長で、2030年に6240万台に達する見込である。

ADAS&安全機能の採用増、政府の車輌と歩行者の安全強化方針、新時代の技術の出現が、自動運転車需要を急増させる。

2020年、進行するCOVID-19パンデミックにより世界中で自動車生産が減少している。それ以前は、自動運転車市場は、2022年から急成長すると見られていた。主要な安全規制が課されるように概説されており、自動運転システムの導入は、同一タイムラインで予定されていた。しかし、パンデミックとチップ不足により自動車製造が影響を受け、先端技術への投資が不確定になる可能性がある。OEMsとTier1プレイヤは、危機の間、現金を手元資金とするか、運用継続のために資金を獲得するかのいずれかである。OEMsは、2021年に車両販売が回復し、2022年第2四半期から大きな成長を見込んでいる。

自動運転車市場ではセダンが最大セグメント
現在、ほとんどのセミ自動運転モデルは、セダンタイプで提供されている。ほとんどのLevel 2とLevel 3およびLevel 4開発も、セダンセグメント重視になっている。例えば、ドイツのMercedes-Benzは、National Pilot Zone (北京、河北)で広範なテストのために. Baidu Apollo を装備したV-classセダンを導入した。2021年3月、ホンダは日本市場向けに初のLevel 3自律走行車を発表した。開発とセダンタイプ重視を考えると、同セグメントが市場をリードし続けると考えられる。

BEVセグメントが自動運転車の重要市場
米国、カナダ、中国、インド、韓国、日本、ヨーロッパ諸国の政府は、BEVsを道路税、登録税免除としている。複数の地域のBEV販売レポートにより、これらの構想は、成功が証明されつつある。BEVsは、動力に充電可能なバッテリパックに蓄積された化学エネルギーを利用する電気自動車。BEVsの成長と成功は、バッテリ技術のイノベーションに依存している。したがって、多くの自動車プレイヤは、率先してバッテリ技術を開発している。これにより、BEVセグメントが自動運転車の主要市場となる。

2021年、APACが自動運転車の最大市場
APACは、2030年までに最大市場シェアを取る見込である。これにヨーロッパと北米が続く。安全、効率的で便利な運転エクスペリアンス要求の増加、新興経済圏における可処分所得の増加、世界中で厳しい安全規制が、自動運転車市場の成長を後押しする主因。APAC市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。この地域で自動運転車技術プロバイダによるパートナーシップが増加しているためである。例えば、Baiduは、中国における自動運転技術の主要なサービスプロバイダである。同社は、13以上の中国の都市で、100万マイルを超えるテストドライブに、すでに成功している。同社は、フォードやNVIDIAと提携して、中国における自動運転車への投資を増やしている。APACは、最大のライドシェア産業の一つでもある。