All about Photonics

Business/Market 詳細

光トランスポート装置市場、2026年に180億ドル

January, 24, 2022, Redwood City--DellOro Groupの調査によると、光トランスポート装置需要は、2026年に180億ドルに達する見込である。市場成長の全ては、200Gbps以上の波長スピードが可能なWDMシステムによるものである。しかし、IPoDWDMが、DWDMシステム全体の需要を下げると見られている。

DellOro GroupのVP、Jimmy Yuは、「次の数年の光トランスポート市場の展開は楽しみである。当社の予想では、次の5年、需要は増加し続け、市場は2026年に180億ドルに達する見込である」とコメントしている。さらに同氏は、「成長予測の原動力に含まれるのは、成長するグローバル経済、ブロードバンドをルーラルエリアに拡大する資金を提供する政府の政策、顧客のモバイル帯域需要に一致する全般的なネットワークアップグレード。しかし、道にはいくらかのバンプもある」と続けている。

「新しい技術、400ZRや1.2Tbps対応波長が市場需要をどう変えるかを見るのは興味深い。400ZRは、実際にIPoDWDMの採用を促進するか。これは、最初は10年前に登場したアーキテクチャコンセプト。もしそうなら、それは新世代のコヒレント技術の需要プロファイルを変えることになる。例えば、1年以内にリリースが予定されている1.2Tbpsが可能なモジュール。最初の問題についてはあり得ると考える。2番目の問題については、可能性があると思っている」(Jimmy Yu)。

5年予測要点
・光トランスポート市場は、CAGR 3%で成長する見込。原動力は、全ての主要地域で需要が伸びること。
・DWDMシステムのコヒレント波長出荷は、CAGR 12%で成長すると予測されている。
・ZRオプティクス市場は、400 ZRおよび800 ZRで構成され、2026年に6億ドルを超える見込である。