All about Photonics

Business/Market 詳細

テスト/検査/認証市場、2030年に3492億7000万ドル

January, 19, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「テスト/検査/認証市場、サービスタイプ、出所タイプ、アプリケーション、業種、2021-2030グローバル機会分析と産業予測」によると、テスト/検査/認証(TIC)世界市場規模は、2020年に2136億ドル、2021-2030年にCAGR 5.3%成長し、2030年に3492億7000万ドルに達する見込である。2020年、テストの市場シェアが大きく、予測期間にこのトレンドは維持されると見られている。

TICデバイス市場の成長を後押しする主因に含まれるのは、高品質製品を提供することで顧客維持改善を重視する製造業の増加、接続デバイスやIoT向けの相互運用性テスト需要の急増。この市場の成長を阻害する主因は、様々な地域で標準と規制が異なるためにTICサービスの高コストになること。機会は、顧客サービスのデジタル変革、ブレイクスルー技術の迅速な採用にある。

サービスタイプは、テスト、検査、認証に分けられている。全ての中でテストが最高収益を生み出すセグメントで、2020年、1127億5190万ドルだった。しかし、検査セグメントが、予測期間に最速CAGR 6.0%で成長すると見られている。

業種では、市場は、農産業、食品産業、製薬、化学産業、石油/ガス、その他に分けられている。農産業が最速成長セグメントで、予測期間にCAGR 9.2%で成長する見込である。しかし、食品産業セグメントは、2020年、最高収益、550億6580万ドルを達成した。

地域では、市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAに分けられている。北米が、2020年735億8520万ドル、最高収益を上げた。この地域は、CAGR 3.5%成長で2022年には、757億1940万ドルを達成すると予測されている。さらにAPACは、予測期間に、その優位な座を維持する見込である。

調査の要点
・食品産業は、主要なエンドユーザ、これに製薬が続く。
・APACと北米が、2020年TIC市場の59%を超えるシェアだった。
・日本は、予測期間に最高成長率が期待されている。
・北米TIC市場で、USは主要なシェアホールダであり、2020年、約69%を占めた。
・ソーシング(出所)タイプでは、2020年、インハウスセグメントが最高収益。しかし、将来的には、アウトソースセグメントが最高成長率と予測されている。
・地域では、TIC市場は、北米が優勢だったが、今後数年でAPACが大きく成長する見込である。