All about Photonics

Business/Market 詳細

医療用光ファイバ市場規模、2030年に16億ドル

January, 18, 2022, San Francisco--Grand View Researchの調査によると、世界の医療用光ファイバ市場規模は、2022-2030年にCAGR 6.0%で成長し、2030年に16億ドルに達する。市場の成長は、ヘルスケアインフラストラクチャの発展、技術的に進んだ製品の即座の採用、ガン有病率の増加、侵襲性の少ない手術についての意識の高まりによるものである。

様々なヘルスケアサービスにおけるレーザ技術採用の増加、診断や治療目的で内視鏡処置の増加が、市場の成長を後押しする主因。直視下手術で侵襲性の少ない手術に関連する利点、入院期間の短縮、感染リスクの最小化、迅速な回復期間のために、侵襲性の少ない手術を選択する傾向の増加が、医療用光ファイバ需要を後押ししている。

COVID-19パンデミックは、ヘルスケアシステムに負担となり、ヘルスケア施設では大きな構造改革が実施された。これは、選択的手術や処置の延期につながった。したがって、需給網、製造サイクル、販売と収益サイクルにマイナスの影響を与えた。入院の短縮と感染リスクの最小化のために、外科医は、侵襲性の少ない手術を急速に採用している。市場プレイヤは、専門家と協力、提携して、革新的製品を導入しようとしている。

2021年、MMFセグメントが市場で優勢だった。コスト効果が優れており、照明や手術照明目的でこれらの製品の採用が増加しただめである。SMFsは、今後数年で成長して利益を出すようになると見られている。高い伝送能力、先進的イメージングソリューション向けに需要が伸びるからである。

2021年、内視鏡処置、手術の光源で照明需要が増加したため、照明アプリケーションセグメントが優勢だった。光線療法に照明を使用するトレンドの増加が、セグメント成長を後押ししている。バイオメディカルセンシングは、今後数年で大きく成長すると予測されている。医療機器やウエアラブルでバイオメディカルセンシングの採用が広がっているためてある。APACは、2021年、市場で優位を占めた。これは、ヘルスケアインフラストラクチャの改善、急速な経済発展、有利な政府の政策によるものである。

調査のハイライト
・市場の成長は、侵襲性の少ない手術の採用率増加、ガンなど慢性疾患の有病率の増加によるものである。
・2021年、マルチモードタイプファイバ(MMF)セグメントが市場で優勢だった。コスト効果が優れており、照明、手術用照明で広く利用されてるためてある。
・2021年、照明アプリケーションセグメントが優勢。内視鏡処置における照明、手術での光源として採用が増加したためである。
・2021年、APACが市場で優位を占めた。高品質医療機器の輸入増、複数の国で医療ツーリズムが増加したためである。