All about Photonics

Business/Market 詳細

AIエッジコンピューティング市場、2030年に596億ドル

January, 13, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「AIエッジコンピューティング市場、コンポーネント、組織規模、アプリケーション、業種、地域:2021-2030年のグローバル機会分析と産業予測」によると、AIエッジコンピューティング市場規模は、2020年に90億9600万ドルであり、CAGR 21.2%成長で、2030年には596億3300万ドルに達する見込である。

グローバルAIエッジコンピューティング市場は、複数の要素の影響を受ける。クラウドコンピューティング課題を克服するAIエッジの能力、リアルタイムオペレーション需要の増加、エッジAI対応デバイスの普及など。加えて、AIエッジコンピューティングが供給する多くの利点、高速コンピューティングと洞察および優れたデータセキュリティなどが、この市場の成長を後押しする。しかし、巨額投資、熟練ITプロフェッショナルの不足が、市場の成長を制約すると見られている。他方で、5Gネットワーク接続性とAIエッジコンピューティングの新興アプリケーションが、市場の成長機会となる見込である。

2020年、コンポーネントベースで、ハードウエアセグメントが、AIエッジコンピューティング市場で優勢だった。また、今後数年でその優位性は維持される見込である。これは、AIエッジコンピューティングハードウエア、物理的なコンポーネント、プロセッサ、サーバ、スイッチ、ルータなどのアプリケーションの増加によるものである。加えて、スマートフォン、カメラ、ロボット、その他のものがハードウエアセグメントの成長を後押しする。しかし、サーバセグメントは、予測期間に最高成長率が見込まれている。

組織規模では、大企業セグメントが、2020年、AIエッジコンピューティング市場の成長で優勢だった、今後数年、その優勢が維持されると予測されている。これは、IoT、没入経験をサポートするために大企業でエッジコンピューティングの利用ケースの大きな成長によるものである。しかし、SMEsセグメントは、予測期間に最高成長率が見込まれている。強力な競争シナリオが、世界中で主に多数のSMEsを後押しして、ますますAIエッジコンピューティングソリューションへの投資を増やしている。これは、所望のターゲットオーディエンス達成が目的である。例えば、VOLTAデータセンタの最近の調査によると、世界中で38%の小規模ビジネスが、エッジコンピューティング技術を利用している。しかし、エッジ技術を利用しているSMEsの数は急増している。この要素が、同セグメントの成長を刺激している。

AIエッジコンピューティング市場は、2020年に90億9600万ドルであり、CAGR 21.2%成長で、2030年には596億3300万ドルに達する見込である。現在の2027年推定は、COVID-19前の推定よりも高くなる見込である。COVID-19の爆発が、世界中に多大なる困難を作り出した。COVID-19パンデミック中、エッジコンピューティングとエッジデータセンタは、世界中で、蓄積されたコンテンツ、クラウドコンピューティングからのソース伝達で重要な役割を担っている。エッジコンピューティンは、様々なIoT医療アプリケーションにより、医療ケア産業で救命技術になっている。

COVID-19は、市場の成長の大きなマイナスの影響を与えたわけではないが、COVID-19の爆発は、予測期間に市場が成長するための多くの機会を提供している。これらの機会に含まれるのは、リモートワーク開始のために企業のAIエッジコンピューティン急増、ヘルスケアアプリケーションの増加、革新的なAIエッジコンピューティングソリューションの導入である。

調査の要点
・コンポーネントでは、2020年、ハードウエアがAIエッジコンピューティング市場で優勢だった。しかし、サービスセグメントが、予測期間に大きく成長する見込である。
・組織規模では、2020年、大企業がAIエッジコンピューティング市場で最高収益を生み出したしかし、中小企業セグメントが、予測期間に大きく成長する見込である。
・アプリケーションでは、2020年、IIoTが最高収益を生み出した。しかし、他のセグメントが、予測期間に大きく成長する見込である。
・地域では、AIエッジコンピューティング産業は、北米地域が優勢であった。しかし、APACは、今後数年で大きな成長が見込まれている。