All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリント脳モデル市場規模、2028年に9690万ドル

December, 24, 2021, Sun Francisco--Grand View Researchのレポートによると、世界の3Dプリント脳モデル市場は、2028年に9690万ドルに達する見込である。
 COVID-19パンデミックは、2020年、世界市場に悪影響を与えた。しかし、3Dプリント脳モデルが高精度であることから、パンデミック後の成長機会が見込まれている。脳モデルは、手術が効果的、正確に実施できるようにするために外科医などが術前計画に利用する。それは、新しい外科医の手術実行に役立ち、また、脳解剖学の研究にも使われる。非常にコスト効果が優れており、効率的な方法である。

これらプロトタイプにより患者の症状を簡単に調べることができ、手術プロセスも患者に説明できる。これらのシステムは、薬剤開発のための動物実験の数を減らす。これらのテストは、今では3Dプリント脳モデルで実施できるからである。したがって、より正確で効率的な薬剤が開発できることになる。また、これらは研究分野にもアプリケーションが見つかる。神経医学における関心向上と機能により、これらの需要は、予測期間に増える見込である。世界的なパンドミックにより経済が減速し、この市場での支出も減少した。

非救急治療を遅らせることでこれらの製品の需要減となった。手術のキャンセルは、2020年、市場の収益に大きな影響を与えた。経済危機のため、サービス需要減により、事業を閉鎖した業界プレイヤもあった。これがニッチマーケットであり、多くのスタートアップが、パンデミック中に事業継続のための投資を獲得できなかったからである。とは言え、この産業は、2022年後には再び勢いを取り戻すと見られている。神経疾患が増えており、個人化ヘルスケアニーズが増加しているからである。Institute of Human Behaviour and Allied Sciences (IHBAS)の2020年の調査によると、インドでは、約3000万人の人々が神経疾患に罹っている。

3Dプリント脳モデル市場調査のハイライト
・熱溶解積層法(FDM)セグメントが、予測期間にCAGR 16.5%、2番目に高成長。その成長は、FDM技術の高需要によるものである。
・2020年、プラスチック材料セグメントが世界市場で最大収益シェア。
・同セグメントは、予測期間に最速成長する見込である。これらの材料の需要が増加しているためである。
・北米は、2020年、支配的な地域市場であった。新技術の採用率が高く、多数のキープレイヤーが存在するためである。
・しかし、APACは、予測期間に最速CAGRで成長する見込である。