All about Photonics

Business/Market 詳細

ブロードバンド装置、前年比7%成長

December, 23, 2021, Redwood City--DellOro Groupの調査によると、3Q 2021ブロードバンドアクセス装置市場は、前年比7%増、39億ドルに達した。成長は、PONインフラストラクチャと固定ワイヤレスCPEの両方によるものである。

「5G固定ワイヤレス導入は、今期の投資の主要な原動力としてのファイバと結びついた」とDellOro Group、ブロードバンドどアクセス/ホームネットワーキングVP、Jeff Heynenはコメントしている。「サプライチェーンの制約や価格上昇にもかかわらず、オペレータは、引き続きブロードバンド接続拡大を重視している」と同氏は説明している。

3Q 2021ブロードバンドどアクセス/ホームネットワーキングのハイライト
・ケーブルアクセス集線装置の総収益は前年比27%減で2億5700万ドル。今期は、リモートPHYとリモートMACPHYデバイスへの明確なミックスシフトがあり、その両方とも前年比収益増となった。
・PON ONT総出荷台数は、3200万ユニット、第4四半期ローユニット出荷は世界で3000万を超えた。
・コンポーネント不足は、ケーブルCPEとホームネットワーキングデバイス販売に明らかに影響を与えており、出荷台数は前年比で著しく落ち込んだ。
(詳細は、https://www.delloro.com/)