All about Photonics

Business/Market 詳細

交通センサ市場、2026年に8億900万ドル

December, 22, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「交通センサ市場、タイプ(誘導ループ、圧電センサ、ベンディングプレート、イメージセンサ、赤外センサ、レーダセンサ、LiDARセンサ、磁気センサ、音響センサ、サーマルセンサ)、技術、アプリケーション、地域、-2026年までのグローバル予測」によると、市場は2021年に5億6600万ドル、予測期間にCAGR 7.4%成長で、2026年に8億900万ドルに達する見込である。

交通センサ市場の成長を牽引する主因は、増え続けるリアルタイム情報システム需要、交通インフラストラクチャアップグレードへの政府の取組である。しかし、効果的な交通制御のためのマルチセンサ融合技術の導入などが、予測期間に主要な課題となり得る。

LiDARセンサセグメントが予測期間に最高CAGR成長の見込み
 LiDARセンサは、予測期間に高CAGR成長が見込まれている。LiDARセンサ市場は、高額R&D投資によりスタートアップの数が増加した。そのような開発は、固体LiDARsの著しい技術向上、コスト低減につながりそうである。

自動料金徴収(ETC)が予測期間に交通センサで最高CAGR
 自動料金徴収(ETC)は、予測期間に最高CAGRで成長すると推定されている。このセグメントの成長は、ETCが、ハイウエイや高速道路でコンピュータが料金徴収所を通り抜けさせる最も人気のある方法に急速になりつつあるからである。それは現在、不可欠であり、生活の日常的な部分である。これらシステムの動作は、極めて高速であり、料金所での料金徴収にとって効率的なモードである。料金所で料金を支払うために車輌が止まる必要なく通過するので大幅な時間節約となり、支払いは、車輌のアカウントから自動的に徴収される。

2Dセグメントが今後数年で最高成長率
 2Dセグメントは、2026年までの交通センサ市場で最高成長率と予測されている。高品質交通モニタリングアプリケーションでは3Dセンサ技術に多くの利点があるが、品質制御プロセスに2Dセンサだけを利用し続ける交通制御機関が多い。シナリオの限定的な数では有用であるが、2Dセンサは、100%の品質制御達成力に限られている。特にマルチレーンや都市の交通混雑の場合、これは主要な懸念である。こうした状況では100%の品質制御が主に好まれる。このような理由はあるものの、2Dセンサは引き続き交通センサ市場で優勢が続く見込である。

APACが予測期間に最高CAGR成長
 APACの交通センサ市場は,中国、日本、オーストラリアに分けられている。これらの国々は、交通センサの最速成長市場である。APAC交通センサ市場の最速成長は、巨大都市の数が増加していること、先進国および発展途上国で人口が増加しているためである。