All about Photonics

Business/Market 詳細

自動光学検査市場、2030年に32億9000万ドル

December, 21, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「自動光学検査市場、タイプ、アプリケーション、産業業種、2021-2030年グローバル機会分析と産業予測」によると、市場規模は、2020年に5億7000万ドル、2021-2030年にCAGR 21.0%成長で2030年に32億9000万ドルに達する見込である。

自動光学検査(AOI)市場は、PCBの視覚的評価のためのコンピュータシステムであり、そこでは独立したカメラが、破壊的故障、品質欠陥の両方のために試行すべきガジェットをフィルタリングする。接触不要のテスト戦略であるので、アセンブリプロセスで通常、最も利用されている。また、様々なフェーズのアセンブリシステムで実行される。これには露出ボードの検査、SPI(結合接着剤評価)、様々な段階でリフロー前後が含まれる。自動光学検査は、収集したハードウエアの迅速かつ精密な評価ができるようにする。特にラインで製造された製品の品質を保証するPCBが理想的であり、製品は、事実上、アセンブリ問題なしで効果的に製造される。自動光学検査システムは、PCBの不良識別に様々な方法を適用する。戦略の一つは、PCBおよびゴールデンボードが見えるようにレイアウトを調整すること。利用されるもう1つの方法は、設計の調整と統計的パタンマッチングである。

自動光学検査市場の成長に影響を及ぼす重要要素に含まれるのは、コンシューマエレクトロニクスに対する大きな需要、エレクトロニクス製造工場の自動化、表面実装技術の出現。しかし、大量のデータの取扱に必要な高度なインフラストラクチャが市場の成長を阻んでいる。それに対して、SMART技術の出現が、予測期間に自動光学検査市場トレンドに利益の機会をもたらすと予測されている。

COVID-19影響分析
コロナウイルスは世界的に災難であった。しかし、自動光学検査市場にはプラスの影響をもたらした。COVID-19パンデミックにより世界は、2020年、距離をとった労働にシフトし、それを受け容れた。この変化によりコンシューマは、スマートフォン、PCs、スクリーン、マイクロフォン、コンソール、カメラ、さらにスマートコーヒーメーカーや最先端のフットマッサージまで競って手に入れた。これにより、コンシューマは、必要のあるところならどこでも働け、快適に仕事ができるようになっている。家庭は、当然ながら快適である。人々が大部分の時間、屋内で過ごすので、これが技術的アップグレードにつながり、革新的コンシューマエレクトロニクス需要増を牽引した。結果的に、パンデミック中、自動光学検査市場の成長の需要激増となっている。

地域では、APACが自動光学検査市場で大きなシェアを占めている。この地域では中国が市場シェアで優勢。同地域には、複数の大手製造メーカーが存在するからである。さらに、コンシューマエレクトロニクスの需要増も同地域の自動光学検査の成長に貢献している。

調査の要点
・2020年、3Dセグメントが最大収益、予測期間にCAGR 23.9%成長が見込まれている。
・コンシューマエレクトロニクスと自動車セグメントを合わせて、2020年の市場の45.0%以上を占めた。
・AOI市場分析のアセンブリフェーズセグメントは、予測期間にCAGR 25.0%成長が見込まれている。
・2020年、APACがAOI市場で大きなシェアを獲得した。