All about Photonics

Business/Market 詳細

マイクロ射出成形市場、2026年に6億900万ドル

December, 20, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「マイクロ射出成形機市場、タイプ(0-10 トン、 10-30 トンおよび 30-40 トン)、アプリケーション(医療、自動車、ファイバオプティクス、エレクトロニクス)、地域(APAC、北米、ヨーロッパ、MEA、南米)-2026年までのグローバル予測」によると、市場は、2021年の3億8100万ドルからCAGR 9.8%成長で、2026年に6億900万ドルに達する見込である。

マイクロ射出成形機は、射出容量1~0.1グラム、許容値10~100ミクロンでプラスチックコンポーネントの製造に使われる。この成形プロセスにより、最大可能精度と精密さを備えた複雑な小形状の製造ができる。パーツサイズは、マイクロ成形を決める明確な要素。マイクロ成形は、マイクロサイズ、マイクロ機能、マイクロ許容値のコンポーネント、パーツを製造する。マイクロ射出成形のプロセスの基本概念は、標準の射出成形プロセスと全く同じである。マイクロ射出ユニットは、射出成形機に組み込まれている。

30~40トンのクランピング力が、マイクロ射出成形機市場で最大のタイプセグメントである。APACは、2020年、金額ベースでマイクロ射出成形機の最大市場だった。自動車分野の成長、増加する医療アプリケーションからの需要などの要素が、市場成長の原動力。

2021-2026年、30~40トンのクランピング力セグメントが最速成長タイプ
 自動車、エレクトロニクス、医療アプリケーションでマイクロ成形プラスチックパーツの需要が、クランピング力30~40トンのマイクロ射出成形機の需要を牽引している。しかし、0~10トンのクランピング力のマイクロ射出成形機が、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。医療、自動車、ファイバオプティクス、エレクトロニクスを含むあらゆる分野でナノテクノロジーへのシフトが、より小さな高精度パーツの必要性を後押ししている。

予測期間に、医療セグメントが最速成長アプリケーション
 医療産業における技術進歩が、医療プロセスでマイクロパーツの利用を促進している。患者にとってより優れた結果の全般的な手順を強化するためである。積極的R&Dが、医療マイクロパーツの需要をさらに後押ししており、したがって医療アプリケーションでのマイクロ射出成形機需要が増加している。

予測期間にマイクロ射出成形機市場でAPACが最速成長地域
APACでは、中国が最大のマイクロ射出成形機市場。製造工場および他の商用ユニットの急増による国内需要の増加が、同地域でのマイクロ射出成形機需要を牽引している。増加する人口と需要、新技術と新製品への戦略をともない、この市場を有望なマイクロ射出成形機市場にしている。増加する人口は、同地域の自動車やエレクトロニクス産業に大きな影響を及ぼしている。

この市場のプレイヤは、住友重機械工業(日本)、Engel Austria GmbH(オーストリア)、日精樹脂工業(日本)、ソディック(日本)、およびMilacron Holdings Corp(US)。