All about Photonics

Business/Market 詳細

精密工作機械市場、2028年までに192億7000万ドル

December, 17, 2021, San Francisco--Grand View Researchの調査によると、精密工作機械市場は、2021-2028年にCAGR 6.6%成長で、2028年までに192億7000万ドルに達する見込である。
 先進的な加工ソリューション需要の増加、生産効率向上のためのダウンタイム削減重視、精度向上、加工工程最適化が販売増を後押ししている。さらに、Industry 4.0が、他のプロセスを備えた製造工場の統合を促進する。製造と生産のための精密工作機械を利用して総体的、適合的自動化システムアーキテクチャを実現することが目的である。したがって、市場は今後数年でIndustry 4.0の出現で大きなチャンスを持つことになる。
 
精密工作機械の需要増は、そのコンピュータ化された正確さによるものであり、これは製造工程の生産性と効率改善に役立つ。技術的可能性の向上により、精密エンジニアリングの範囲は拡大している。精密工作機械は、自動化された操作を容易にし、したがって、コンポーネントの加工に必要な時間を減らす。これらの工作機械は、一旦、精密機械工がコンピュータにコードを入れると、手動介入や監視なしで稼働を継続することができる。産業自動化機械、つまりロボットは、多くの点で個別および連続メーカーの両方に恩恵があることが証明されている。これらの恩恵の中には、効率的製造工程や高い生産性も含まれる。

COVID-19パンデミックは、イノベーションを制限し、利益を減らし、キャッシュフローを枯渇させ、経済不均衡などにより市場にマイナスの影響を与えた。COVID-19パンデミックは、2020年、多くのイベントを中止させた、これによりメーカーは新製品、新技術のマーケティングができなかった。一方で、未熟練ワーカーは、精密工作機械の操作で苦闘し、それは潜在的な機械の故障となり、また、製造ユニットの投資を危機に陥れた。結果的に、経験のあるオペレータの不足が市場拡大で大きな障壁となっている。熟練製造ワーカー、精密機械工、ツールおよびダイのメーカーなどの不足は、航空宇宙、鉄鋼などの産業に影響を及ぼしている。

一方で、差別化戦略や新製品の発表が、市場の成長に寄与すると期待されている。2020年2月、DMG Mori Co., Ltdが、フェムト秒レーザデリバリ技術のメーカー、GLOphotonics SASを買収した。この買収は、フェムト秒のアプリケーションを拡大して、付加的表面品質に寄与し、大型コンポーネントの加工につながる。したがって、コラボレーション、パートナーシップ、合弁、買収は。大きな市場シェア獲得、精密工作機械市場への投資増により、プレイヤに利益がある。

精密工作機械市場レポートハイライト
・自動車セグメントが、予測期間にCAGR 7%を超える最高成長の見込み。これは、自律走行車、新しい移動ソリューション需要の増加、ロボット、設計、製造工程の進歩、諸国でEVsが出てきたことによるものである。これは、自動車産業で精密工作機械需要を促進すると見られている
・非自動車セグメントでは、電力とエネルギーが2021-2028年に最高CAGR成長が期待されている。石油とガス産業の拡大、旋盤やスピニングマシーンなど、精密製造向けの最新機械の利用が市場の成長を後押しすると予測されている。
・深さと圧力要求が大きな掘削サイトで、機械の効率向上のために先進技術を製品に組み込むトレンド拡大が、EMEA市場で優勢になると見られている。
・APACは、予測期間に最速成長地域市場になると見られている。APAC地域の市場は、産業オートメーションの拡大、正確な製造に対する要求増が成長原動力になる。これは、同地域の自動車、航空宇宙、エレクトロニクス分野における広範なアプリケーションによるものである。