All about Photonics

Business/Market 詳細

分布型光ファイバセンサ市場レポート

August, 4, 2014, Quebec--フォトニクスセンサコンソーシアム(Photonics Sensor Consortium)の市場調査レポートによると、分布型光ファイバセンサ市場は2013年に5億8500万ドル、2018年には14億5800万ドルに達する。その70%は石油とガスセグメント関連となる。
 同コンソーシアムは、フォトニックセンサ技術市場の発展と商用化を支援する独立組織として2003年に設立された。最初のフォーカスは、分布型光ファイバセンサ。過去11年、同コンソーシアムは市場の追跡を行い、全般的な予測と市場分析を提供してきた、と紹介されている。今回のレポートは、一般フォトニクス産業に初めて提供する。
 この技術について関心が強まっている理由について、同レポートは「光ファイバセンサが多くのセンシング用途に適用できる技術の代表であるため」と説明している。
 光ファイバで、ほとんどの物理的な特性をセンシングできる。光強度、変位(位置)、温度、圧力、回転、音、歪、磁界、電界、放射線、フロー、液面、化学分析、振動などは、識別できる現象の一部。
 光センサは、何年も前から軍のジャイロスコープや水中聴音機として使われ成功を収めてきた。しかし、スマート油井への利用によって北米はエネルギー自給への道を進むための手がかりとなった。
 調査レポートは、販売額が500万ドル以下の企業から、3000万ドルを超える企業まで、幅広い企業からの回答を集計。販売の成長予測は2013-2017年の期間。その他、レポートの要点としては、以下の点が挙げられる。

・ほとんどの企業が複数の技術を取り扱っている。
・ほとんどの企業が複数市場セグメントを対象にしているが、エネルギー分野が大半を占める。
・78%がセンシングシステムを提供しており、50%が導入サービスを提供している。

(詳細は、www.electronics-ca.com)