All about Photonics

Business/Market 詳細

レーザ干渉計市場、2026年に3億3500万ドル

December, 14, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「レーザ干渉計市場、COVID-19の影響分析、干渉計タイプ(マイケルソン、ファブリペロー、フィゾ、トゥワイマングリーン)、タイプ、アプリケーション(表面トポロジー、エンジニアリングおよび科学)、最終利用産業、地域、2026年までのグローバル予測」によると、世界のレーザ干渉計市場規模は、2021年の2億4500万ドルから、CAGR 6.5%成長で、2026年に3億3500万ドルに達する見込である。
 レーザ干渉計は、通常、超精密マシニングや製造、超精密位置決め制御、複数の非接触光学センシング技術で利用されている。レーザ干渉計は、科学や他の産業で微小変位、屈折率変化、表面不整の計測に広範に利用されている。レーザ干渉計市場の成長を後押しする主因は、3D計測サービス需要の増加、品質制御重視、R&D活動への投資増。品質制御は、製造工程の不可欠の部分である。余分なコストをかけずに欠陥なく工程を進めるのに役立つからである。品質制御と検査では、中でも、レーザ干渉計が、計測、位置の制御、寸法分析、機械の校正で利用されている。

COVID-19爆発の結果、世界中のビジネスが収益喪失とサプライチェーン断絶の影響を受けている。工場のシャットダウンと隔離法が世界中で実施され、移動やビジネス活動を制約しているからである。

表面トポロジーセグメントが予測期間に最大市場シェア
 干渉計は、表面トポロジー計測では十分に認められた技術である。表面形状の干渉計計測には、相対測定技術が含まれている。既知の表面の形状が、未知の表面の形状と比較され、その差が、一連の干渉縞として表示される。表面は、社会的、経済的、自然および技術的科学に関連する多くの現象を説明、分析する重要なツールである。干渉計は、表面トポロジー測定では十分に確立された技術である。干渉計技術の急速な発展で、位相シフト干渉計(PSI)が、オプティクス表面形状の最新の測定で重要な方法の一つになっている。直接応力波を検知、特性評価するためにレーザ干渉計プローブが利用されている。金属の亀裂、ポリマのヒビ割れによる音響放射からの複雑な信号を判定する際に、レーザ干渉計プローブは有用である。

ヘテロダインセグメントが予測期間に市場で優位を占める見込
 ヘテロダインセグメントは、予測期間を通じてレーザ干渉計市場で大きなシェア(~56%)をとる見込である。予測期間におけるCAGR成長は最高と見られている。ホモダイン干渉計は、単一周波数レーザ光源を利用するが、ヘテロダイン干渉計は、近接した2つの周波数を持つレーザ光源を利用する。ほとんどの商用フーリエ変換分光計は、今日、位置センサとしてHeNeレーザ干渉計を利用している。ヘテロダイン干渉計は、主に、最新の産業および科学アプリケーションの精密計測機に使われている。これが、レーザ干渉計市場の成長を牽引すると予測されている。ヘテロダイン干渉計では、変位と方向の両方を計測するために単一ディテクタが必要になる。目的は、対象物のアライメントを容易にすることである。

APACが最高成長率の見込
 APAC地域は、予測期間に最高成長率となる見込である。表面トポロジー、計量、検査、検出などのアプリケーションでの利用が増加しているためである。APACは、レーザ干渉計の潜在市場。同地域における都市化の進行、自動車需要の増加、エレクトロニクス製造産業の急増が原因である。APACの製造分野における精密計測向けの先進的技術の採用増が、同地域でレーザ干渉計市場の成長を後押しすると見られている。多くの産業、自動車部品やコンポーネント、電子デバイス、重機、電気機器は、様々な機械的パーツを含んでおり、そのほとんどが、厳しい許容誤差を持ち、最終製品にアセンブリする前に計測、キャリブレートされる必要がある。したがって,自動車、航空宇宙および他の産業でレーザ干渉計の需要が増加すると予測されている。インド、中国、韓国などは、APACにおけるレーザ干渉計市場の成長と発展に寄与する主要国の一部である。