All about Photonics

Business/Market 詳細

LiDAR市場、2026年に34億ドル

December, 13, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「LiDAR市場、COVID-19の影響分析、技術(2D、3D、4D)、コンポーネント(レーザスキャナ、ナビゲーションおよび位置決めシステム)、インストレーションタイプ(航空機、地上設置)、距離、サービス、最終利用アプリケーション、地域、2026年までのグローバル予測」によると、市場は2021年に13億ドル、2021-2026年にCAGR 21.6%成長で、2026年に34億ドルに達する見込である。

UAVsでLiDARシステムの採用増、エンジニアリングおよび建設アプリケーションにおけるLiDARの採用増、地理情報システム(GIS)アプリケーションでのLiDAR利用、4D LiDARの登場、様々なアプリケーションで商用ドローンの利用に関わる規制緩和が、LiDAR市場の成長を後押しする主因。しかし、UAVsや自律走行車に関わる安全脅威、ローコスト軽量写真測量法システムが簡単に利用できることが市場の成長を制約している。大手自動車メーカーによるLiDARスタートアップへの投資増、SWIRベース設計の長期的な機会、固体、MEMS、フラッシュLiDARおよび他のLiDAR技術の採用など技術的変化、センサフェージョンを利用する優れた地理空間ソリューションの開発、大規模監視のためにLiDARドローンの利用を促進する様々な国の政府による戦略が、予測期間にLiDAR市場プレイヤに成長機会を提供すると予測されている。さらにLiDARサービスの高コスト、地理空間データの利用が限られていることが、LiDAR市場の課題となっている。

地上ベースのLiDARが予測期間に最高CAGRで成長の見込み
 2020年、地上ベースLiDARは、LiDAR市場全体で大きなシェアを占めた、また2021-2026年に高いCAGR成長が見込まれている。地上設置LiDARシステムは、固定か移動かのいずれかである。LiDARは、SUVあるいはATVなどの移動プラットフォームに設置され、三脚やバランシングアセンブリを利用する。地上設置LiDARシステムは、航空機搭載LiDARシステムより安価。しかし、表面の全ての部分をスキャニングできるわけではない。例えば、切り立った崖の表面はスキャンできない。また高速に変化する表面条件は、この地上車輌を使っては追跡が困難。車輌搭載の利点は、道路でアクセスできる広いエリアをLiDARがスキャンできることである。自動車分野が、移動地上設置LiDARシステムのアプリケーション範囲として出てきており、ADAS装備の高級車の数が、毎年増えている。これは、移動地上ベースLiDARシステムの市場の成長をさらに後押しすると見られている。

予測期間に機械式LiDARタイプが市場で最大シェア
タイプ別では、LiDAR市場は、機械式LiDAR、固体LiDARに分けられている。2020年、機械式LiDARセグメントが、固体LiDARと比較して全LiDAR市場で大きなシェアを占めた。この成長は、コリダマッピング、ADAS &無人自動車、環境調査などのアプリケーションで機械式LiDAR需要が高いためである。しかし、固体LiDAR市場は、2021-2026年にCAGR成長が高くなると予測されている。これは、自動車やロボット産業でこのタイプのアプリケーション範囲が増加しているためである。

3D LiDAR技術が市場で大きなシェアを維持する見込
 技術ベースではLiDAR市場は、2D、3Dおよび4D LiDARに分けられている。2020年、3D LiDARセグメントが、最大市場シェアだった。3D LiDAR優位の主因は、コリダマッピング、エンジニアリング、環境、気象学、地図製作などのアプリケーションで3D LiDARの採用が広がったことである。しかし、4D LiDAR市場が、2021-2026に最高CAGRで伸びると予測されている。この成長は、ADAS、無人自動車、ロボットなどのアプリケーションで4D LiDARの採用率が高くなるためである。

ADASと無人自動車エンドユースアプリケーションが予測期間に最高CAGRで成長
 LiDAR市場は、アプリケーションでは、コリダマッピング、エンジニアリング、環境、ADAS &ドライバーレスカー、探査、都市計画、地図製作、計測および他のアプリケーションに分けられている。ADAS&ドライバーレスカーが、LiDAR市場には目覚ましい成長機会となっている。これは自動車大手と他のビジネスリーダーがADASやドライバーレスカーに投資を増やしているからである。このため、ADAS &ドライバーレスカーアプリケーションは、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。ADAS &ドライバーレスカーで安全確保のために固体LiDARの採用増が、今後数年、市場成長の原動力になる見込である。大手自動車メーカーは、Level3およびLevel4自動運転車両にLiDARシステムを採用しており、これがこれらの車輌タイプの販売にプラスの影響を及ぼすと見られている。したがって、LiDAR市場にもプラスの影響が期待されている。

予測期間にAPACがLiDAR市場で最高CAGR成長
 2020年、北米がLiDAR市場の最大シェアだった。LiDARにとって北米は重要市場の一つである。この地域は、他の地域に比べてLiDARの採用では進んでいる。LiDARや無人自動車ほの投資増、LiDARシステムの利点についての認識の高まりが、北米のLiDAR市場の成長に拍車をかけている。また、LiDAR市場の主要プレイヤ、メーカー、開発車、流通業者、LiDARセンサや装置のサプライヤで構成されるプレイヤが北米を拠点にしている。近年、LiDARに関連する主要な技術開発は、北米とユーヘロッパ地域で起こった。したがって、これらの地域のメーカーは、APACおよび中東地域などの成長市場に最終LiDARを輸出できるようになった。これらの輸出は、北米およびヨーロッパにおけるLiDAR市場の成長を後押しする主因と見られている。

APACのLiDAR市場は、2021-2026年に最高CAGRで成長する見込である。この地域の市場の成長は、同地域でLiDAR最新化プログラム重視が強まっていることによる。中国、インド、日本は、この地域の主要市場となる見込である。先進国が、LiDARマッピングや調査サービスをこれらの国々へアウトソースかることが今後、ますます増えると予測されているからである。