All about Photonics

Business/Market 詳細

垂直農業市場、2026年に97億ドル

December, 10, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「垂直農業市場、COVID-19影響分析、成長メカニズム(水耕法、空中絵栽培、アクアポニクス(養殖+水耕栽培))、構造(ビルベース垂直農業および船積みコンテナベース垂直農業),作物タイプ、提供品、地域、2026年までのグローバル予測」によると、市場は、2021年に31億ドル、予測期間にCAGR 25.0%成長で、2026年に97億ドルに達する見込である。

垂直農業市場は、COVID-19拡大のために2020年に下降した。市場低迷は、COVID-19パンデミックによって生じた複数のSMEsの閉鎖、流通断絶、ロックダウンおよび他の問題によるものである。パンデミックにより世界中の政府が、ヘルスケア分野への集中と支出にシフトした。エンドユーザからの需要も、2020年に著しく低下した。市場は、2021年末までには部分的に回復する見込である。市場の回復が始まるので、2022年には上昇に転ずると見られているからである。健康と安全についての意識向上も、垂直農業とその産物の需要を増やしている。

水耕法セグメントが予測期間に垂直農業市場で優位
 水耕法メカニズムは、商用生産者で広く採用されている。他のメカニズムよりも設定が容易であり、コストがかからない、またROIが高い。同サイズの水耕法と空中栽培ファシリティ設定に必要な投資を比較すると、空中栽培は初期投資が高い。さらに、水耕法メカニズムは、最小限の浪費で最大水量をリサイクルし、最も水効率のよい農法である。その上、植物に供給される栄養量は、効果的に制御され、成長プロセス、成長速度や植物のサイズなどの制御が可能になる。加えて、水耕法メカニズムは、停電の場合、植物は長期間生存する。生育媒体が水と栄養素を供給し続けるからである。空中絵栽培では、ミストスプレイノズルの機能低下あるい故障により植物はわずか数時間で死ぬ。

予測期間にビルベースの垂直農業が高成長
 垂直農業市場は、主にビルベース垂直農業セグメントが優勢である。市場の主要企業がこのタイプの農業に関与しているからである。ビルベース垂直農業は、船積みコンテナベースの垂直農業よりも平方フィート当たりの収益が優れている。ビルベース垂直農業の方が投資が少なく、運用費(同一面積当たり)が少ないからである。反対に、船積みコンテナベース垂直農業は、小規模コンシューマ基盤に適している。作物がコンテナ内で育つからである。また、構築に広いスペースを必要とし、大規模コンシューマベースには非効率でコストがかかる。しかし、船積みコンテナベースの垂直農業は、高いCAGRで成長する見込がある。直ぐに使えるソリューションであり、新鮮で高品質の産物の需要増に応じるには役立つ。また、柔軟で、運用が容易、可搬である。結果として、新鮮な産物の需要増が、今後数年でこのセグメントの著しい成長機会を作り出すと予測されている。

予測期間にAPACが垂直農業市場で優位
 APACでは,垂直農業に関わる企業が、他国の運用に投資し、運用を拡大している。例えば、2019年11月、農業技術会社、Sustenir(シンガポール)は、香港のTuen Munに30,000 sq. ft.の水耕垂直農業ファシリティを立ち上げた。香港は、人口密度が高く、利用できる農業用地が限られている。従来の農業からの生産物は、地元の需要を十分に満たすことはできない。したがって、輸入産物への依存度は高い。シンガポールも同様である。輸入食品への依存度を減らし、輸送過程での食物廃棄を減らすために、地元で限られたスペースで食物の大幅な生産増が、垂直農業によるソリューションで実現する。したがって、この地域の企業による農業拡大となっている。