All about Photonics

Business/Market 詳細

光音響イメージング市場規模、2028年に2億3590万ドル

December, 9, 2021, San Francisco--Grand View Researchの調査によると、世界の光音響イメージング(PAI)市場規模は、予測期間にCAGR 19%成長で2028年までに2億3590万ドルに達する見込である。
 世界的なガン患者数の増加、アプリケーション範囲の拡大が市場成長の原動力。加えて、非電離放射線領域における研究でPAIシステム利用増が、市場の成長を後押しすると予測されている。他のイメージング法と比べて、PAIは病理学の理解、特性評価、モニタリングを改善するので、早期発見、より正確な診断、疾病管理改善が可能になる。PAIは、過去20年で大きく成長した。これは、高分解能、高コントラスト、深度イメージング、マルチスケール構造および機能イメージング能力によるものである。

R&D活動でPAI需要増が、予測期間に市場の成長を促進する見込である。しかし、現在のイメージングシステムは、コスト、取得時間、ANSIレーザ安全基準によって設定された制限に関連して、一定の制約がある。これは、市場全体に悪影響を及ぼす可能性がある。腫瘍学、心臓病、組織学、整形外科、病理学、画像診断的介入治療の分野でアプリケーションが増加しており、これは市場の拡大に貢献する。ガン診断、線維症、灌流、浮腫、低酸素症、壊死のような症状である。ヘモグロビン濃度、酸素飽和、脂肪含量などの基本的データの分析能力も際立つ。

名の知れた市場プレイヤは、異なる戦略を採用している。製品ポートフォリオを拡大し、製造能力を強化するためにSMEビジネスの買収および資金投入である。

調査の要点
・光音響トモグラフィ(PAT)セグメントが、2020年の市場で優勢であり、予測期間を通じてその優位性は継続すると見られている。
・2020年、前臨床タイプセグメントが市場で優勢だった。研究でPAIの利用が普及したためである。
・臨床セグメントは、臨床研究でアプリケーション範囲が拡大するので、予測期間に最速CAGR成長が予想されている。
・腫瘍学アプリケーションセグメントが、2020年に最大シェアだった。PAIシステムは、X線では密度が高い乳房の腫瘍を検出でき、苦痛を伴う乳房圧迫がない。したがって、このアプリケーションセグメントで需要が増えている。
・北米が、2020年、市場で優勢であり、最大収益シェアだった。
・APACは、予測期間に最速成長市場と見られている。
・その成長は、中国やインドなどの新興経済圏で未開拓の機会が存在するためである。