All about Photonics

Business/Market 詳細

センサ世界市場、2020年に約1544億ドル

August, 1, 2014, Wellesley--BCCリサーチは、「センサの世界市場と技術」レポートを発表した。センサの世界市場および関連技術は、CAGR 10.1%で成長して2020年に約1544億ドルに達する見込だ。イメージ、フロー、レベルセンサセグメントはCAGR 11.7%で成長する。
 センサは、多くの主要産業にとって不可欠になっている。センサは、温度、位置、化学物質、圧力、力と負荷、フローとレベルを含む幅広いパラメータで生きた情報を提供し、製品や工程、システムに影響を与えることができるからである。イメージ、フロー、レベルセンサカテゴリが、市場全体で優位に立っており、2020年には約502億ドルに達すると予測されている。イメージセンサは、スマートフォンやその他の可搬機器での利用が増えることから、このセグメントでは最も成長率が高い。
 一方、バイオセンサや化学センサカテゴリは、この市場で2番目に大きく、最速成長セグメントであり、今後CAGR 11.5%で成長して2020年には328億ドルに達すると予測されている。このセグメントの成長の原動力は、医療目的での利用が増えていること、また化学プラントなど、多くの基幹産業ファシリティに対するテロリストの攻撃の恐れが増えてきていることなどである。
 BCCリサーチの情報技術アナリスト、Srinivasa Rajaram氏によると、センサ製造事業では小企業が大半を占めている。「ほとんどは、集中戦略をとっているが、競争と技術圧力により、統合や集中が増えている。しかし、半導体産業が、大規模、大量コンシューマ関連アプリケーションに対処するセンサソリューションを開発することで集中投資を奪回しようとしている」と同氏はコメントしている。
 電子制御システムの技術的進歩、コスト下落期待、小型化、通信機能の向上が、今後のセンサ市場で全てのカテゴリにわたり、強い成長の原動力になるとBCCリサーチは見ている。