All about Photonics

Business/Market 詳細

北米レーザタトゥーと線状除去市場、2028年に25億2000万ドル

December, 2, 2021, San Francisco--Grand View Researchの調査によると、北米レーザタトゥーと線状除去市場は、予測期間にCAGR 17.2%成長で2028年に25億2000万ドルに達する見込である。
 レーザタトゥーと線状除去は、人気のある美容処置である。ここでは、高強度エネルギーが、それの除去のためにタトゥーと線状を制御されてターゲットにする。両方とも皮膚の奥深くに根があり、その除去にはレーザ処置が効果的である。タトゥーに対する後悔の増加、萎縮性瘢痕や肥厚性瘢痕を含むニキビの跡のキズの要因、またレーザシステムの進歩が、市場の成長を後押しすると予測されている。

HuffPostによると、タトゥー除去は、タトゥーを入れるよりもビジネス規模が大きくなっている。USの調査によると、18歳以上の人々の29%程度がタトゥーを入れている。その29%のうちの約23%がタトゥーを後悔しており、これがタトゥー除去需要を増やしている。しかし、処置はタトゥーを入れるよりも遙かにコストが高く、これが市場の成長を妨げている。顔の傷は、怪我、ニキビ、火傷あるいは手術が原因である。Cleveland Clinicによると、11歳から30歳の米国人の約80%にニキビがあり、5人に1人がニキビの痕に悩んでいる。これは、人々が同地域でレーザ瘢痕除去処置の選択を促進する主因である。

調査の要点
・2020年、レーザタトゥー除去セグメントが市場で優位を占めた。これは、タトゥーを入れたことの後悔の例が増加し、したがってその処置の需要が増加したためである。
・2020年、メディカルスパ最終利用セグメントが最大収益シェアであり、2021-2028年に最速CAGRでさらに拡大する見込である。
・メディカルスパは、認定美容専門家が運営している美容クリニックで、技術的に進んだシステムを処置に使用している。これが、そのセグメントの成長を後押ししている。
・2020年、USが市場全体で優位を占めた。予測期間にUSは、堅調なCAGRで成長を続けると見られている。
・US市場は、皮膚疾患の増加、ヘルスケアへの支出増、多くの認定プロフェッショナル、高い個人の可処分所得レベルによるものである。